タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

防水カメラ

せっかくの防水カメラなので小川の魚を撮ってみました。
岩の陰から頭かくして尻(尾)隠さずの魚が見えてまして・・・水の中にカメラをドボンと浸けまして撮ってみました。

DSCF5952.jpg
頭がない!?

意外と体長が有りました^^; 


DSCF5953.jpg
頭あった!!

反対側から頭が出てました^^;

DSCF5956.jpg
スネークヘッドの仲間?

雷魚の仲間でしょうね。


意外と綺麗に撮れていたので公開してみました。
スポンサーサイト

| 退屈しのぎの戯言 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

広告消し(泣)

広告消しの為の更新なんてしたくは無かったけど、ネタがあまり御座いません。
今年初のラヨンの山観察も振るわず・・・

IMG_6186.jpg
某島を見下ろす・・・


来月初旬の新月には大型甲虫が飛ぶでしょう・・・遠出は出来ないので近くの森で小型甲虫でも狙うかな^^;

| 退屈しのぎの戯言 | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヤードン

もう少しだけ昆虫とは関係ないお正月ネタ^^;

嫁さんの実家の近くに漢方薬屋さんが有り、以前は養命酒的なお酒を漬ける薬草(の他、木の実や樹皮など)を購入してはタイの焼酎で漬けて飲んでました。そもそも嫁さんのお産の後に、嫁さんが毎晩1ショットしていたものが産後の女性の為にブレンドされたものだと聞き、では男性用のものはないのか?と尋ねたところ、「たぶん有る」との事。漢方薬屋さんに出向きブレンドしてもらいました。で、これ、効くんです。

IMG_4613.jpg
薬草

これらを布にくるんで広口瓶に入れそこにタイの焼酎を入れ数日漬けます。蜂蜜を入れるとより飲みやすくなります。我々の仲間はこのお酒をちょっと気取って4AMと呼んでます。意味は内緒^^;
このお酒はアルカリ性なのか、普段は琥珀色をしているのですが、ソーダで割ると赤みが飛び薄いビールのような色になります。不思議です。

IMG_4389.jpg
漢方薬屋さん


基本的な配合をされた物があり、そこに客の希望の薬草を追加していく様で天秤で量を図りながら足してくれています。

今日これから漬けますので、出来上がったらたぶんお知らせします。

| 退屈しのぎの戯言 | 17:01 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昆虫観察が好きな理由?

生きる事に一生懸命さが見えるからでしょう・・・

生きる為に一生懸命進化した姿だからでしょう・・・

それが感じられて、人に伝えられたら

もっと昆虫観察が好きになるでしょう・・・



(朝からふと思って書いてみた)

| 退屈しのぎの戯言 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ⇒カンボジア陸路の旅 備忘録

カンボジアはシェムリアップ(アンコール・ワットのある街)へタイ・サゲオ県アランヤプラテートから陸路で国境を超え旅してきました。その際の要領をまとめます。

シラチャからアランヤプラテートへは車(自分で自家用車を運転)で約3時間(帰路での記録)

アランヤプラテートには安くて綺麗なホテル?ゲストハウス?がたくさん有り、予約しなくても空き部屋は見つかりそうです。僕らは土曜日の夜8時過ぎにチェックインしました。エアコン、冷蔵庫、温水シャワー完備で350バーツなり。

翌朝、国境付近の駐車場(1日100バーツ)に車を停めタイ側の出国手続き窓口へ約300m徒歩。案内看板が出てますのですぐわかります。タイ出国後「ようこそカンボジアへ」ゲートが有りますので、その右側にある建物でビザの申請を行います。(ボーダーパスと大きく書いてありますがビザとは書いてないので通り過ぎてしまいました。)カンボジアの観光ビザは20USドル+手数料100バーツ。写真を持ってない場合は+100バーツでした。親切に説明してくれる係の人がいますのでそれに従えばいいかと。日曜日の朝一番でしたが混雑はありませんでした。
カジノが数件有る通りを通過すると(200mほどでしょうか)右手にカンボジア入国の窓口が有ります。入国カードを貰い記入し窓口に出せばよいだけです。

今回はタクシーでシェムリアップに行く事にしました。
客引きがいましたので値段を聞くと2人なら50USドルで、ここで前金20USドル、運転手に30USドル支払うよう言って来たので、乗ってから払うと伝えるとそれでOKでした。シェムリアップまでは飛ばせば2時間で到着しますが、運転マナーが滅茶苦茶なのでゆっくり走ってもらった方が良いかと^^

無事シェムリアップの目的地に到着して50USドルを支払いましたとさ・・・・


次回 「帰路 カンボジア⇒タイ陸路の旅 備忘録」 につづく・・・(はず)

| 退屈しのぎの戯言 | 13:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT