タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今週末は・・・

嫁さんの実家でヒメカブト(今年はまだ見てないのです)狙って来まーす。

以上で~す。
スポンサーサイト

| お知らせ・出来事 | 12:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

調べれば調べるほど・・・

自分の見つけた昆虫が図鑑に無い場合
ネットにもどこにも紹介されていない場合

どするんだろ?
パリーオオクワガタは現在ではリツセマオオクワガタと呼ばれているらしい。
ヒラタクワガタはオオヒラタクワガタなのか否かがわからん。

そもそも学名はおなじでも亜種名がいくつかに分かれていて
それが生息地で別れているとなると、どうもこの地域は圏外になっているのです。
決定的な違いがわからないので、パリーはオオクワガタヒラタはヒラタクワガタ
と呼ぶしかないでしょうね。

それとも新亜種として申請でもするかな?
Dorcus titanus ushiyani

いいかも・・・

| 過去の虫 | 11:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

単独行動(先に謝っておきます)

金曜日のお昼からうずうずしまくりで・・・
trat.jpg グーグルマップにて採集地の地図と標高を確認

金曜日の夜の異業種懇談会(定例飲み会)で、同行者を募るも皆別件有り。
その後の夜遊びの会も無し。皆とっとと帰宅した。

朝起きて決心がついた。単独で強行だ!

7時前に自宅を出発。
1909101.jpg 車内の仏様のお供えのお花を取り替えて出発

途中事故渋滞に捕まるも、どーせ単独行動なんだからと余裕でポッドキャストを聞きながらしばしのろのろ運転を楽しむ。

1909102.jpg 郊外に出ました。いいお天気です。

1909103.jpg おっと!記念すべき一万一千百十一km

何度も書きますが今回は単独行動なので、前回のタコ捕れエリアをトレースあんど+αであります。

まずは、ネブトの木
1909001.jpg 今回もいてくれました チェリフェルネブト♂32mm
1909002.jpg その足元の木屑をどけてみました おなじく22mm
1909003.jpg おしりだけ見えていますが、引っ張り出せませんでした。
♂のネブトに違いないと思います。♀とすれば大き過ぎます。

ちょっと奥まで移動。
1909004.jpg 古い鉄橋です。 車で渡るのはちょっと勇気がいります。
この先は果樹園になっていたので車では入っていきませんでした。

続いてヒラタの木へ
1909005.jpg 今回も川越え

前回よりも道が乾いていて走りやすいなぁと思ってたのですが
お尻振り振り、底はガタゴトのオフロードでした。

木をまずは通り過ぎ、その奥地をちょこっと探索しようかと入っていくと
1909006.jpg 立派な川でした

これは無理。Uターンです。向こう岸にはちゃんと道が繋がっています。

本番
タコ捕れの木
1909007.jpgまずは チェリフェルネブト♂27mm

前回の樹液部分は乾いていて何もいませんでした。木の回復力って凄いですね。

ぐるっと木の周りを1周してみます。
3m弱のところに凄く違和感のある部分がありました。
1909008.jpg 強烈な違和感の正体
あわw3あわ・・・(慌てふためいた心境を表現)よっしゃ、道具の用意を・・・
と、気持を入れ替え少し目線を変えると
1909009.jpg ヒラタクワガタ ♂62mm
今日もありがとう。ここから引っ張り出すのにも苦戦を強いられました。

で、ご紹介
1909010.jpg おなか
1909011.jpg シバツヤクワガタ ♂ 62mm Odontolabis siva siva
1909012.jpg オオアゴは小歯型

見つけたときは、いろんな物が頭に浮かびました。カブトのめすかな?ヒラタの巨大なメスかな?その他のメスかな?でかいなぁ・・・ほんまでかいなぁ・・・

ヒラタとシバツヤの長さ自体は同じなのですが、あごの割合がヒラタ1/3に対してシバツヤ1/8で、その胴体の大きい事と言ったらヒラタさんはかなりスマートですね。

オオアゴを使って木を齧りそこから染み出した樹液を吸っていたようです。オオアゴにおが屑が付いているのが3枚目の写真でわかります。

1匹目のネブトの写真を撮りリリースしに行くと、また別のネブトが
1909013.jpgチェリフェルネブト ♂ 30mm (奥)
左手は証拠の27mm

まだいないかなぁと木を見上げていると
1909014.jpg いた!

ペアでした。
1909015.jpg ヒラタクワガタ ♀ 34mm


1909016.jpg ヒラタクワガタ ♂ 53mm

さらに・・・
1909017.jpg いた!!(中央の黒い点、見えなかったらすみません)
1909018.jpg ヒラタクワガタ ♂ 53mm・34mm


ちなみにこんな感じのところです。
1909019.jpg悪路とうしやんの虫捕り仕様車(愛称募集中)

おまけ
1909020.jpg 新規開拓地候補だったのですが・・・

滝は綺麗でしたよ。

今回は単独での採集で心細かった事も多かったのですが、単独でしか味わえない判断する面白さを充分満喫して帰路につきました。
また、現地の人々は都会のようにすれてなく、出会って話すたびに軟らかい気持にさせてくれます。
ま、え~加減なところは国民性でしょうが・・・

最後に、最初のネブトの木と鉄橋の間で出会った人によると、この辺りには片牙のゾウが生息しているらしくニュースにもなったそうです。こわっ・・・



-------------------------------
本日の成果
チェリフェルネブトクワガタ ♂5
ヒラタクワガタ ♂4♀1
シバツヤクワガタ ♂1

ワールドクワップ2009
3目(上記3目)
-------------------------------






| 採集記 | 13:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

毎日

中途半端にイベントがあって身動きがとれない。
あ゛~

今週末の新月は強行するかな?

| お知らせ・出来事 | 12:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

9月6日追記

早速、軍曹が写真を持ってきてくれたので
追記させて頂きます。

収穫報告写真
h4737.jpg ヒラタ様 ♂62、45、55(左から)
h4736.jpg 上のケースはヒラタレディース、下のケースはチェリフェルネブト

上のヒラタケース ♀33(左下)34(右下から2番目) 他4匹は不明
下のネブトケース 左上から♂30、21、21、♀20
            左下から♂23、34


ヒラタ♀の他4匹のサイズが今となっては写真では判別がつきません。

h4725.jpg にやけながら写真撮影するうしやん
h4721.jpg にやけながらタモの柄で獲物を落とすうしやん

バックの景色と6日の記事の写真でおわかりの通り
車1台分の道と道から約5m位開けたエリアが有り
その奥は深いジャングルであります。

長い追記を終わります。

| 過去の虫 | 12:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。