タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今季初!!

さぁ・・・樹液は出ているか??

という事で、6月28日土曜日の朝から単独行動で、重点ポイント3ヶ所+アルファを廻りました。

移動完了。まずはギラファの木です。現地のおじさんに聞いたところによるとジャオパー(cao paa)と呼ばれている木だそうです。自信は無さそうでしたが・・・
樹液が出そうな幹の部分にはまだ樹液の気配は有りませんでした。でもスズメバチが何頭も飛来している事から彼らが樹皮に傷をつけて樹液が出るのでは?と勝手に想像しながら、時間もあるのでしばし色んなところをルッキングします。

すると・・・
DSCF32520.jpg
              黒い影!!YOUTUBEへ画像公開しました。

もしかすると・・・?もしかするぞ・・・!(すでに確信していましたが^^)
DSCF32570.jpg  捕獲中・・・
こちらも動画公開しました。

忘れもしない昨年10月17日のこの木との衝撃的な出会い。その際出会った憧れのクワガタ。それ以後確認出来ず、発生時期の早いクワガタだと勝手に決め込んで今回大きな期待を胸にここに出向いた。そんな都合のいい事が異国の自然界で起こっても良いのか??


たぶん良い・・・




DSCF32590.jpg
                 ギラファノコギリクワガタ ♂ 90mm

わ~いわ~い! とにかく発生が確認出来た事で、10月まで捜索対象種となりました。

祝・開幕!!

ギネスには程遠いですが、今季初で昨年10月の個体は85mmでしたので自己記録更新です。しっかし素晴らしい造形美ですね。個人的には先端から2本目の内歯の前向きなカーブが気に入ってます。

この後もう少しルッキングしたのですが、クワガタは確認出来ず、仕掛けたバナナトラップにスズメバチが反応し出したので、場所をタコ捕れの木に移すべく小移動@オフロードを行います。

小移動の後、到着。
タコ捕れの木には、まだシーズンが訪れておらず、2番目の木へ。樹種は同じくタクゥヤックです。着生植物で樹皮がまったく見えない状態の木に寄るとやぶ蚊の猛襲に遭います。我慢の子で葉をよけながら樹皮や蔓の隙間を覗き込む事しばし・・・

DSCF32740.jpg 黒い影Part-Ⅱ

蔓草の葉で外部から遮断されているので、無警戒で樹皮を歩き回ってました。

DSCF32750.jpg
                  ヒラタクワガタ ♂ 50UP

符節等完璧に揃っており、非常に凶暴で(この撮影の後、小指の付け根の肉球をはさまれた←犬か?)アクティブな新成虫と思われます。エリトラに戦いの後がありました(←って事は完品では無いですな・・・)


DSCF32810.jpg 気分が良いので蝶々と戯れ

DSCF32840.jpg さらにトンボを撮り・・・

オフロードでへばり付いたタイヤの泥を小川で落とし、中移動に移ります。移動中に立ち寄った脇道の入り口の葉の上に、メタリックのモビルスーツがとまってます。
DSCF32870.jpg
                    ハムシの仲間(たぶん^^)

体長2cm強で、後足が極端に太く長く・・・カエルみたいですね。もちろんカエルやバッタの様には跳ねません。

中移動完了・・・

まずは、ネブトの木を確認します。
DSCF32930.jpg ボウフラの群れ

写真中央を良くご覧下さい。お尻を少しだけ出してダイブしているお方が確認出来ると思います。

DSCF32960.jpg
                チェリフェルネブトクワガタ ♂ 35mm程

この後、林道を歩きましたがクワガタ等の甲虫には出会えませんでした。バナナトラップを数ヶ所仕掛けて林道を後にします。

その際出会ったグロイお方・・・
DSCF33040.jpg アブの仲間?

口の部分が異様に長く、接写してる間ずっとこっちを睨み付けてました。

DSCF33080.jpg 倒木
裏返した倒木には菌糸がびっしりと付いていました。

DSCF33110.jpg ハゴロモの仲間?

本日は主目的がフルーツトラップを仕掛ける事だった為、駆け足で数ヶ所廻りましたが1頭ずつでも個体が確認出来て大満足でした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の成果
ギラファノコギリクワガタ ♂1
ヒラタクワガタ ♂1
チェリフェルネブトクワガタ ♂1
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




スポンサーサイト

| 採集記 | 21:27 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恥ずかしながら・・・

本日は私にとって特別な日となりました。
日本代表もデンマークを下し2位通過ながら決勝トーナメント進出を果たしました。
私は勿体無くも本日発売のクワガタマガジン51号でライターデビューさせて頂きました。

クワガタマガジン51号 (有)東海メディア発行

昨年の活動開始から本年2月までのタイでの昆虫採集のレポートをさせて頂きました。また、へっぽこ魔琴氏が昨年12月にタイに遠征に来られアテンドさせて頂いた際の動画が付録DVDにたっぷりと収められているようです。

まだ手元に届いておらず、自身で確認出来てないのですが、頂いた情報ではカラー数ページで取り上げて頂いているとの事。是非手、ご購読下さい。

この場をお借りしまして、記事を採用頂きました東海メディア様、今回の道筋を付けて頂いた魔琴さん、いつも一緒に活動してくれている軍曹、きっちゃん他、応援?してくれているタイ在住の仲間。日本からこのサイトをご覧下さっている皆様に御礼申し上げます。

これからも、いろんな形で活動報告が出来ればと思っております。これからもよろしくお付き合い下さいませ。

こちらでもクワガタマガジン51号の情報を紹介されています。

| お知らせ・出来事 | 12:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

先週末は・・・

昆虫採集に関するご報告は有りません。
W.C.オランダvs日本を楽しみ、ソフトボール関連?で汗を流しておりました。

泰国鍬形倶楽部のオリジナルキャップをお求め頂いた方有難う御座います。
お蔭様で徐々にではりますが興味を持たれる方が増えて来ているようで
近日どこかでご紹介させて頂こうと思っております。

以前ご紹介した記事はこちら
      ↓
   帽子作りました!!

過去のブログフォームで書いた記事なので少々見辛いかもしれません。
ご了承下さい。

今週末の予定は、土曜日の朝より、樹液場廻り、新規林道開拓
フルーツトラップセッティングとなります。

| お知らせ・出来事 | 15:25 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6月12日 第6回新月ライトトラップ

14062010023.jpg NEW COLOR



直前まで同行者に恵まれず、「とうとうあの暗闇で1人でライトトラップする事になるのか・・・」と49%程腹をくくっていただけに今回のゲストの祐一朗君のパパからの「もしよかったら連れてって下さい」コールは救世主からのお告げのように有り難かった。祐一朗君のパパとはソフトボールの試合で何度か会っているのですが、お互い顔と名前が一致しない程度の関係。今回は先月のゲスト“赤マムシ”氏のご紹介でこの場をお借りして深く感謝申し上げます。

当日約束の14:30、無事お迎え出来ていざ出発!!
祐一朗君は小学2年生でちょっと緊張気味。どのように緊張を解いていくか・・・まずは某ライターがタイ遠征時に撮影したDVDを再生して、祐一朗君のやる気を出させる作戦。これはパパの方が噛り付いてました^^

道中2時間半の後半はゆっくりと睡眠に就いて下さり、ほぼ予定通りの展開。現地での軽食の調達と軽い夕食を摂り山に入ります。
14062010002.jpg
                  あの山に今日もお世話になりま~す^^

回を重ねる毎に酷くなっていく山道の状態を楽しみながら進んでいきます。雨で路面の土が削られて水道が出来、雨が降るたびにどんどん深くなっていきます。ある程度すると硬い地層が現れ流れきれずに溢れた水により新たな水道が出来ます。これを繰り返してどんどん大きな谷が形成されます。また左右の藪の草木が生長して山道の方へせり出してくるので、乾季よりも道幅が狭くなってます。ここを通るには4WDのオフロード仕様車が必須です。

と言う事でうしやんの昆虫採集専用車は無事ライトトラップポイントへ到着です。

14062010003.jpg 今晩はこっち
今晩は過去の実績の多い東南東の尾根を照射します。もちろん今回も白幕を設置し背後からの飛来も期待します。

祐一朗君親子と共に服装を整え、危険箇所の確認、青空トイレの設定、待機場所の設営をします。これが最重要ポイントとなります。

19:00
少しまだ明るいのですがスイッチオン!
14062010006.jpg ポチっとな・・・(タイムボカンシリーズ風に)

尾根にレーザービームの芯を合わせ、白幕の位置を適当にずらしていきます。この適当を考えている時間が至福の時であります。

最初の1時間はブイブイが1頭飛来しただけでした。次第に祐一朗君の口から「来ないよ」「なんで」の発言が・・・。いつものパターンやあと2時間も残っている事を告げ納得してもらいます。

すると8:00ちょっと過ぎ、白幕の前に真上から大きな個体が ドスン!!と落ちてきました。みんなで駆け寄って確認します。
14062010009.jpg アトラスオオカブト ♀
今日も飛んで来てくれてありがとう。祐一朗君ご機嫌です。パパも・・・


14062010010.jpg カミキリムシの仲間
なかなか甲虫が白幕に付かないので、こういう絵はありがたい


そして待望の
14062010014.jpg アトラスオオカブト ♂

今回はあまり写真を撮らなかったので実はこの写真は2頭目です。
1頭目はYOUTUBE動画(現在編集中)にてご覧下さい。
これまで、アトラスオオカブト♂2 ♀2 ヒメカブト ♀1 を確認してます。
14062010017.jpg 前出のブイブイ

14062010020.jpg アトラスオオカブト ♂ 4頭目


祐一朗君の集中力は最後まで持続しました。たいしたもんですね。ま、憧れのアトラスオオカブトの飛来シーンを自分の目で確認し、飛来した個体を探す、落下した音を聞いて飛来を知る。こんな経験をしてアドレナリンが出たんですね。
第1発見率はうしやんの負けであります。凄い!

白幕効果ですが、1頭のメスは明らかにに我々の後方から飛来し、HIDライトの上をかすめ白幕側にそれて落下しました。他の何頭かもいきなり上部から落下してきたので後方からの飛来が結構多かったのかも・・・2週連続2桁のカブトムシを確認し大満足でした。が、今回もクワガタの飛来が確認出来ませんでした。

最後に祐一朗君が♂♀1ペアーをキープ。お友達用に1ペアーキープし他の個体はリリースします。

14062010022.jpg
              この違い!!左がヒメカブト♀ 右がコーカサス♀

いやぁ~楽しかったね。うしやんも祐一朗君親子も大満足の夜でした。

月齢と月の出没時間がこれから悪い周期となり、今月のライトトラップは今日で終了。来月は第1週目に2夜連続で、第2週目は土曜日の夜同所同時間帯で行う予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の成果

コーカサスオオカブト ♀1
アトラスオオカブト ♂4 ♀4
ヒメカブト      ♀1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| 採集記 | 14:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーズンイン?樹液採集&ライトトラップ

先月15日から約3週間ぶりの本格採集に軍曹と2人で出かけました。

往路は仕事や家庭の出来事などを普通の大人の様に話しながら現地に向います。
あっという間に2時間半が過ぎ現場に到着。
まずはポイントの確認を行います。

DSCF30010.jpg
    通称:ギラファの木と虫捕り専用車(呼称募集)あんどブログ用のポーズをとる軍曹

まだ樹液は出ておらず、もちろん何もいませんでしたが雨季に入った事もあり、順調に夏モードに向っているような樹相でした。ここはまだシーズン・インしてません。


ギラファの木を後にし、タコ捕れの木エリアに移動します。
DSCF30020.jpg
                  悪路の季節には突入してました^^;

到着
DSCF30030.jpg
       元祖タコ捕れの木
DSCF30050.jpg
        タコ捕れ2号
DSCF30060.jpg
        移動・・・(泣)

収穫はタコ捕れの木の樹表が苔生してきた事が確認出来た事、タコ捕れ2号の着生植物が順調に育っている事、そして、オフロード走行テクニックと車の走行性能の確認が出来た事。

次行ってみよう~!(いかりやさん風)

1時間程度の小移動(昼食含む)をし、今シーズン期待の林道に入ります。
ここの入り口には果樹園があり、そこのコウモリよけカスミ網(フルーツバットですな@コウモリ)に複数種のカブトムシが引っ掛っているのを確認しております。また、倒木の下に巨大なカブトムシ幼虫も確認しています。

そして、ネブトしか付かないネブトの木の樹液を確認すると
DSCF30080.jpg
                    チェリフェルネブトクワガタ ♂

2本の木からダラダラと樹液が出ているのですが、この1頭しか確認出来ませんでした。
とにかくボーズは逃れました@樹液採集

林道に入りますとクリスマスツリーのなる木を発見!!

DSCF30110.jpg クリスマスツリーが3頭

DSCF30100.jpg テングビワハゴロモ

以前、ツノゼミとして何度も紹介しておりますが正式名称はテングビワハゴロモです。
よろしく~


しばらく林道を散策しながら歩きます。
頭上を飛来する甲虫を確認。外翅の形状からタマムシである事がわかります。木の葉にとまったのでダッシュで車に戻りネットを用意して戻りますが、すでに飛んで行ってしまって捕獲出来ませんでした。くやしぃ~!!

最初の三叉路で樹表に黒い違和感を覚えます。
DSCF30120.jpg
                         コカブトでした

自宅の外部照明によく飛来するのですが、この個体はヒメカブト♀小位の大きさがあり、そう思って捕獲するとヒメカブト特有の威嚇音を発しないのでよくよく見てみると小さな角が付いてました。

さらに進みます。
DSCF30150.jpg
                         鬱蒼とした林道

風通しが良く湿度が高く落葉樹のマットでふかふかの林です。
車の轍があるので先にはおそらく果樹園があるのでしょう。

DSCF30170.jpg 材割採集家にはたまらないのでは・・・

別の倒木を転がしてみると、幼虫飼育材などで見られる白い菌糸がびっしり付いておりさらに期待感が高まるがそこはそっとそのままにしておき、もうすぐ訪れるハイシーズンにとっておく事にする。

さらに進みます。
DSCF30130.jpg 標高430m

やはり果樹園でした。果樹園なら入って行って軍曹得意の交渉術を駆使してさらに進めばいいと思うでしょうがいきなり出てきて吠え立てる筋肉質の犬さまにはさすがの軍曹の交渉術も役に立たず、諦めて後退します。次回途中で誰かとすれ違ったらお願いしてみよ~っと。

さぁ・・・ライトトラップポイントへ移動です。
途中で乾杯用アイテムの購入も忘れずに・・・

DSCF30180.jpg
                       あの山のお天気は???

到着直後に雨が降り出し心配しましたが、雲の動きが良い方向に向い出しましたので準備を始めました。今回は西北西方向の山の東南東斜面の尾根に向けて照射します。今年に入りほとんどのパターンが正反対の山を照らし昆虫の飛来が止まった頃に「ではこっちはどうか」的な扱いで、実績もあまり無かったのですが、いずれにせよ最後の1時間と言うのは飛来数が少ないので、飛来数の多い時間帯に照射しようと言うことになりました。

DSCF30210.jpg
   という事であの山の方向は西北西(小雨が降っていたのでまだライトは乗せてません)

そして今回は2年前に自作した白幕を使用しました。HIDライトの拡散された光を白幕に当て背後の山からも昆虫が飛来する事を期待しております。

そして雨も止み、周囲も暗くなった午後7時にスイッチオン!


DSCF30320.jpg
                         西側から映像

HIDのレーザービームは山の尾根へ。拡散した光は白幕へ。思った通りの絵が出来上がりました。さぁ飛んで来い!!

30分経過し、羽虫の寄りは上々です。
経過状況の動画を撮影する為、電源を入れた途端・・・
Youtube動画ご覧下さい

DSCF30360.jpg
 上記動画で飛来後探し出されスライディングタックルをかまされたコーカサスオオカブト ♂

コーカサスオオカブトにスライディングタックルをした日本人は他にいないでしょう・・・

注:飛来後数分捜索し、斜面に着地したコーカサスオオカブトを発見!!約3m程下でした。その斜面を下りて行く際に ズルッ!?  と・・・^^;岩かうしやんの下敷きにでもなっていないだろうかと心配しましたが、無事でした。もちろんうしやんも無傷でしたよ

今日も飛んで来てくれてありがとう!


これで2月中旬から数えて3ヵ月半の生息期間が確認できました。 

7:37
DSCF30380.jpg 直後に白幕に飛び込んで来たコーカサス♀

7:52
DSCF30410.jpg
                コーカサスオオカブト ♂ 超美形^^

DSCF30430.jpg アトラスオオカブト ♀
DSCF30460.jpg
              今日の設営はこんな感じ(白幕の足は万能脚立)

その後の成果
DSCF30480.jpg クチブトゾウムシの仲間
DSCF30490.jpg 巨大蛾 代表

乾杯~♪
DSCF30510.jpg タイ ビバレッジ 代表 シンハ

DSCF30530.jpg アトラスオオカブト ♀
DSCF30650.jpg 美麗蛾 代表


DSCF30720.jpg
                  巨大ハッパバッタ(うしやん命名)
DSCF30710.jpg 巨大バッタと軍曹

DSCF30550.jpg アトラスオオカブト ♂
飛来シーンをYoutube動画にてご覧下さい。
DSCF30570.jpg アトラスオオカブト ♀
DSCF30590.jpg
                  アトラスオオカブト ♂ ダニだらけ
DSCF30610.jpg 唯一白幕にとまったアトラスオオカブト ♀

DSCF30730.jpg ウスバカミキリの仲間
DSCF30740.jpg アトラスオオカブト ♂
DSCF30760.jpg キマワリ??? の仲間
DSCF30790.jpg ブイブイ

本日のライトトラップは大盛況でしたがクワガタの飛来はありませんでした。
白幕の効果があったのかどうか?1頭だけ我々の視界の外から飛来したカブトムシが背後の山から飛んで来たと思いたいですねぇ。
動画を見て頂ければ解る通り、雨季に入り川の水量が増加しその音で甲虫の飛来音は消されてしまうのが残念です。
来週も同じ場所で同じ時刻にライトトラップ行います。


山を下りる道中にて・・・


DSCF30830.jpg グリーンスネーク(毒)
我々のフィールドへの出没はお断りいたします・・・

今回も多数の動画を公開しております。
Youtube動画

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の成果
チェリフェルネブトクワガタ ♂1
コカブト           1(雌雄不明)

コーカサスオオカブト    ♂2 ♀2
アトラスオオカブト     ♂3 ♀6

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 






| 採集記 | 19:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT