タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

動画@ウタイターニー

ウタイターニー県での採集時に撮影した動画3本ををYoutubeにアップしました。

ベニボタル

オオヒラタクワガタ@ウタイターニー県

タケノコに集まるスズメバチ


過去の動画はブログタイトル下右端の“動画”よりお楽しみ頂けます。
デジタルカメラの動画機能での撮影です。
スポンサーサイト

| お知らせ・出来事 | 11:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウタイターニー県での初採集

企業によって異なると思われますが、タイの暦では7月27日(火)がカオパンサーという仏教行事の為祝日となり土曜日から4連休となった為、嫁さんの実家ナコンサワン県に里帰りしてきました。
彼女の実家は周りには田んぼしかないど田舎でナコンサワンといっても南西の端っこで隣のウタイターニー県の県庁所在地に接しております。(ブログをご覧の皆さんにはどーでもえー話ですが・・・)

map28july.jpg
   赤枠がうしやんの棲家。黄枠は最近このブログに登場した地名。赤下線が今回の舞台

実家に行く前にウタイターニーの街の市場へ寄りました。お母さんに美味しい食事を作ってもらう為の食材買い込みです。嫁さんが買い物をしているのを車中で子供達と待っていると、前から見慣れない乗り物が複数で近寄って来ます。慌ててカメラを取り出し撮影しようと思ったのですがちょっとしたトラブルで通り過ぎてからようやく撮影出来ました。

28JULY001.jpg
                      見慣れない乗り物・・・

子供たち大喜びです。

嫁さんの実家に到着し、昼食と美味しい晩御飯を食べ終えると、私と娘2人はウタイターニー県のホテルに移動です。嫁さんの実家では日本国籍を持つこの3人は蚊の猛攻に遭います。1泊800バーツで1週間虫刺されで痒い想いをしなくていいのであれば安いもんであります。ツインのベッドを壁側に並べて落下防止措置を施すのが父の役目・・・

28JULY003.jpg 寝床と宴会用のテーブル

鬼の居ぬ間の娘達との晩酌。そのうち彼女達はベッドで遊んでるかと思うと動かなくなります。それを確認後就寝。

翌朝・・・

市場に買出しに来た嫁さんに娘達を押し付け、本日の相棒をホテルで待ちます。

9時過ぎ・・・相棒到着。助手のきっちゃんに2日間お付き合い頂き、ウタイターニー県バンライ郡の山を探索します。

実家に寄ってまず朝食を摂り、1時間強の小移動をします。バンライ郡に到着しそこからぐんぐんと標高を600m程上げて行きます。この地域は昨年娘と義父と訪れた事がありましたが、その際は幾つかの不具合な事が有り採集出来ずに帰りました。ある程度の土地勘は残ってますが、今回はさらに奥地に向かいます。最近自分なりに思っているパターンの場所を予め地図で確認してますのでそこを目指して進みます。

進んで行くうちに植生が変わって行き、竹林になってきました。タイで竹林といえばゴホンヅノカブトで、もうそろそろで出してもいいのでは・・・という事で竹の新芽と筍を確認して行きます。

28JULY004.jpg こんな竹

28JULY009.jpg 竹のトンネル


カオパンサー=タイ仏教で言うところの雨季の始まりなのですが、例年ですとそれ以前から雨季は始まっているのですが今年は雨が少なく、川もこんな感じです。
28JULY008.jpg 水が少ない・・・




丸太で組まれた橋の上で写真を撮っていると赤い昆虫が飛んで来ました。
飛び方ですぐわかるこの方

28JULY010.jpg
                          ベニボタル

綺麗な赤が、コケの緑に映えますね。

じっくりと竹の根元の筍を探します。
28JULY012.jpg
                           金の筍
28JULY014.jpg 寄り添う筍
28JULY035.jpg 切り株のサシガメ幼虫

どの筍も、アリやサシガメの幼虫、ゴミ虫のような小さい甲虫が付いているのですが、よっしゃ~と思うような昆虫は確認出来ませんでした。


昆虫が飛来した筍を発見!確認する為車を降ります。
28JULY019.jpg
                     筍の汁を吸うスズメバチ

竹薮の中では竹の新芽である筍は、木の新芽や細枝のように齧って樹液を出しやすいのでしょう。たくさんのスズメバチが群がってました。もう少し雨が降ってシーズンになればここに甲虫が集まるのでは?それとも夜になると集まっているのか?想像は膨らみますが、今回は甲虫が発生しているようには思えません。
28JULY021.jpg 竹林に虫捕り専用車

28JULY022.jpg 日当たりのよい竹林

来月も来ようかなぁ・・・

水場に降りてみました。
28JULY026.jpg
              哺乳動物の足跡発見!犬猫ではないはず・・・
mark.jpg この足跡は・・・?

ネズミ類ですかね・・・

お!
28JULY027.jpg 亡骸@甲殻類でした

どーいう事???

28JULY038.jpg カメムシ

ところでこの実の生るこの木はクワなのでしょうか?
28JULY039.jpg
                           実と葉

28JULY041.jpg 木全景

クワの木にも数種類のクワガタが付くと言われてますが、今までクワの木を確認した事が無く、今回実を見てもしかしてこれかと思った次第で・・・クワの実って何とかベリーですよね。

何の成果も無く、帰路を進みます。

28JULY043.jpg
                    個人的に好きな川越の映像^^

きっちゃんが脇にある2輪と歩行者用の橋を先に徒歩で渡って撮影してくれました。

道路と川が交差する所=橋のそばにはタクゥヤックの木が生えている確率が高く、見つけては確認しに行くのですが・・・
28JULY046.jpg ハンミョウ

28JULY047.jpg タクゥヤック@雰囲気無し

ダメダメです。

それでも何かを見つけようとだらだら走っていると頭上に明らかにタマムシだとわかる飛行体発見!それもかなり大きい。これまで何度かタマムシの飛行を確認しているのですが、その都度ハッピーな出来事が起こってます。テンションが上がります。

タクゥヤックの木や、わき道を見つけては停車し、確認を続けていましたが、何も得る物が無く助手席のきっちゃんは停車してもそのまま車を降りずに私一人で確認を続けます。川沿いに生えていたタクゥヤックを確認し、道路側から見えない裏側を覗こうとして足を踏み入れると、足元で何か大きな物が動きました。


ん?


うぅわぁ~!!



28JULY048.jpg
                         水牛でした!

クワガタ界ならノコギリクワガタ=水牛なのですが・・・

28JULY049.jpg 近くにも数頭

車に戻り、きっちゃんに「びっくりするって解っててもびっくりする物があるから見てみ」と告げその間川沿いの木を見て歩きます。無言でびっくりするきっちゃんもしっかり確認しました(笑)
ある木のそばに立ってきっちゃんを確認し、何気なく足元を見るとなにやら見た事のある物体が落ちています。
28JULY052.jpg どこかで見た事のある物体?

え?まさか???

ホラー映画でよく有るような「まさか・・」で振り向くシーンをご想像下さい。その振り向いた瞬間その先に見たものは・・・


28JULY050.jpg
                            ど本命!!

ここまで読み進めて頂いた皆様、本当にありがとう御座います。書いている本人もかなり疲れました。ここからが本題となります。

このど本命サマは今まで見た個体と比べようの無い大きさでオオアゴの形も明らかに違います。きっちゃんを呼び寄せ捕獲の方法を相談します。脚立にする?網にする?

相談の結果というか、その3秒後には足元に落ちていた木の枝で突き落として捕獲成功です。相変わらずうしやん@雑な奴であります。

落とした個体を2人でほめ殺したあと再度木を見上げると全く同じ洞から今度は♀のお尻が見えています。

28JULY051.jpg
                   洞の中からお尻だけ出している♀

という事は他にももっといるのでは?とぐるりと木の裏に回ってみると・・・[Youtube動画をご覧下さい]


こんな木です。東南アジア採集記などでよく見かける木だと思われます。
28JULY055_20100728182237.jpg
     ウタイターニー県のご神木と必須アイテム四天王のひとつ「万能脚立君」

お待たせしました。1頭目の個体
28JULY060.jpg
                オオヒラタクワガタ ♂ この日?は80mm

記録用にキープし2日後しっかり三角スケールを抱かせて測ると5mm縮んでた。結局75mmでした。

28JULY061.jpg この日の捕獲個体数 ♂3
75mm、75mm、60mm位です。おなじ75mmでもオオアゴの形が微妙に違います。80mmだと思っていた個体の方が迫力があるのは太さでしょうかね?

28JULY062.jpg ♀1
35mm程でしょうか?あと1頭確認したのですが、落ち葉にダイブし完全にわからなくなってしまいました。
28JULY063.jpg こちら側に上がってきた水牛の子供達

28JULY066.jpg 標高490m 16:41

クワガタの個体が確認出来た事に気をよくし、HIDライトトラップをする事にしました。月齢は満月で月の出没時間も最悪なパターンですが曇り空を期待していったん街に降りて夕食を摂り食料の買出しをしました。そしてまた山に上がりセッティング開始。完了。そして点灯!6,000kバーナーでウタイターニー初ライトトラップです。
28JULY084.jpg あっち側の山の尾根を狙って照射!
写真右側が標高差500m程の吹き上げになっており広範囲を狙える位置ですが、設置した場所は下りのヘアピンカーブの先の空き地で、車が来た時に備えて遮る為の幕を設置しました。結局1台しか通りませんでしたが・・・

28JULY087.jpg ホタル
照射直後に飛んできて2時間程その辺を行ったり来たりして最後は谷に下りて行きました。

・・・という事で(泣)他には甲虫の飛来が無く本日の採集は終了。明日に備えてホテルに帰ります。

そして明日が来て今日になりましたが、結局新規採集場所開拓は出来ず、同じ木に立ち寄り♀2♂1を確認。洞から出せなかった個体をカウントするとあと4頭ほど確認し採集を終了しました。まさかこの木だけという事は無いと思われますので、また近いうちに嫁の帰省を実現したいと思います。

28JULY117.jpg ♂1頭目のオオアゴ
迫力があります。

28JULY112.jpg 最終日のブレックファースト
アメリカンブレックファーストが無いと言われてご立腹のお二人。

あ~疲れた。このブログ書くのが・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回の成果

ヒラタクワガタ ♂4 ♀3

ウタイターニーのご神木

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー










| 採集記 | 13:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

カオパンサー(入安居)帰省

という行事の為、24日から嫁さんの田舎に帰ってました。

その間の2日間身勝手にも単独行動をしまして昆虫採集してきました。

DSCF37292.jpg
                       お尻見~えた!!


採集記は後程・・・

| お知らせ・出来事 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ西部で初ライトトラップ

タイ西部カンチャナブリ県に友人3家族で旅行する事となり、折角なのでHIDハンディライトを持参ました。東部とは異なる未知の昆虫は果たして飛来してくれるのでしょうか。



まずは道中で出会った虫を・・・

ひょっこり山頂上のお寺にて
kan2010011.jpg 壁に佇む?アブ

日本人住職の居られるお寺の庭にて
kan2010018.jpg 花の蜜を吸う蝶々

旅行記は別途書こうと思ってます。

宿に到着。道路上の標高はたったの65m(byプロトレック)そして、道路向かいの山。宿のオーナーに「ここでライトを照射したいのですが、ご近所さんは大丈夫ですか?」と声を掛け、OKが出たので今夜はここでライトトラップ。卓上での予定は月没後の0:00から・・・
kan2010047.jpg
                    今夜はここでライトトラップ

標高200m程でしょうか?写真右のとんがり尾根に照射予定です。この地域の山は岩肌をさらけ出したものが多く、またひょっこりと隆起したようなものが多いようです。ちょうどうまい具合に果樹園の入り口にライトを設置出来る場所があり、この面には木が生い茂っているので、なんとかなるのでは・・・

このあたりの果樹園では柑橘系が植えられています。
kan2010049.jpg マナーオ
日本でいうとスダチの様な果物。タイでもそのまま食べる事は無く、料理に生で添えられたり、タイ料理独特の酸味を出すのに使われます。

kan2010051.jpg ソムオー
日本では九州地方で収穫出来る、ザボンとかボンタンと言われる大きな柑橘系の果物です。

宿のタイ人に昆虫の事の事を聞いてみると
kan2010053.jpg 金竹
この竹の筍が出る時期になると、それにカブトムシが集まるとか・・・
今年は雨が少なくまだ筍が出ていない・・・と 


宿の食堂(オープン)で夕食時、ライトに飛んで来た虫
kan2010055.jpg 糞虫系
象や牛、馬が近くに飼われているので、大小たくさん飛んできました。

kan2010058.jpg
                   エリトラがビロード調のカミキリムシ

頭上を飛行中に左手で捕獲。ビロード調の指触りに女性に好評でした。この方が来られたので、ライトトラップへのテンションがぐっと上がってきました。


しとしとと雨が降っていましたが、もうあがるかなというタイミングで予定より大幅に時間繰上げで22:00からライトトラップを開始する事にしました。曇天でおそらくお月さんも出ないでしょうし、低気圧の風は吹いてませんでした。

プチッと・・・
image111.jpg
  歴史的!? タイ西部のひょっこり山にHIDハンディライトの光が照射されました!

宿のオーナー始め、タイ人スタッフ、同行の友人はかなり驚いた様子。暗闇に山の尾根がくっきりと浮かび上がります。そして照射直後から少しずつ羽虫、蛾等が飛来し始めます。

今回は紫外線強化4,300Kのバーナーを使用しました。目標の山まで近いので弱くても妖しい光で昆虫を誘い出す作戦。ただし時間帯、湿度、地形などの要素はこの際無視。
「そこに山があるから照射する」という軽いノリで・・・


・・・


蜂のような羽音の後、カチッという落下音が・・・

「来た!」


皆、期待満々で懐中電灯で照らされた個体を確認します。

しかし・・・
kan2010060.jpg 糞虫でした

模様は美しくとも糞虫はフンムシであります。個人的には好きな虫なのですが・・・

大型のスズメガの飛来に一瞬カブトムシの目の赤い輝きを期待するのですが、どの個体も甲虫特有の飛来姿勢ではなく大きく不規則に飛び回ります。
しかし、HIDハンディライトの灯火採集初体験K元ファミリー始め参加者にとっては、見慣れない幻想的な昆虫の舞に飽きる事無く見入っています。

暫らくするとまた甲虫の落下音がしました。

kan2010062.jpg ガムシでした

川は背後約100m位でしたが、この光に反応したのでしょうか?だとしたらかなり拡散されている事になりますね。

0:00を過ぎ、蛾の飛来も減ったところで、明日のイベントもあるという事でお開きとしました。甲虫の飛来は少なかったですが、現地の人もこの活動に興味を持ってくれて、「虫が発生したら連絡をする」とまで言って頂き新たな採集地となるかなと期待しております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の成果

糞虫多数
カミキリムシ 1
ガムシ    1

西部の採集地
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| 採集記 | 14:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お昼下がりのプチ採集記inチョンブリ県

こんなにする事が無くて本当に大丈夫か???
という位、暇で暇でまるでエアポケットのような不圧の状態に嫌気が差し、午後から近隣採集に出掛けました。

DSCF34241.jpg
                 小雨降る中、わが県の東の端へ!

さっそく・・・
DSCF34251.jpg 樹液出てますが不在(泣)

DSCF34311.jpg 蔓草の枯れたのかと思った

こんな風に樹液場を探すこと約10本。

DSCF34341.jpg
                            いたぁ~!!

DSCF34371.jpg
                   チェリフェルネブトクワガタ ♂39mm

かなり大きく見えたので久しぶりに計ってしまった。新成虫でしょう。綺麗な個体です(ダニだらけでしたが・・・)

本日は、クワガタだけ探している訳では有りません。色んな要素をルッキングしていると
DSCF34441.jpg
                   巨大カメムシ on 唐辛子の木

カメムシさんはお辛いのがお好き???

DSCF34451.jpg
              枠がガタガタの自作網を持って林道を行きます。

低木の葉が何者かによって包み込まれてました。何でしょうか?
DSCF34481.jpg
                なんだ?オトシブミってこんな感じ???

DSCF34511.jpg カマキリの卵

DSCF34551.jpg
                 ある愛のかたち byクチブトゾウムシの仲間

オスの生殖器の大きさに度肝を抜かれた!撮影出来ず。惜しかった。

DSCF34571.jpg ノイナー(果)
釈迦頭と呼ばれる果物が自然に生えてます。

DSCF34651.jpg 樹液発見!

そ~っと覗いてみると・・・
DSCF34661.jpg
                         お尻見えた!
DSCF34691.jpg
             チェリフェルネブトクワガタ ♂ 本日2匹目

あぁ~すぅ~っとした。

明日から2日間、カンチャナブリ合宿です。
さぁ、どんな虫が捕れるか楽しみだぁ!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の成果

チェリフェルネブト ♂2

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



| 採集記 | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT