タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久々に昆虫採集に出掛けなかった週末

今週末は、金曜日夜の誕生日パーティーや本日朝からのゴルフの為採集はお休み。
土曜日は前日の酒を抜くのと、ゴルフの為の体力温存という事で自宅で過ごした。
久々に昆虫採集に出無かった週末であるが、平日夕方等短時間の採集は楽しんでいる。

DSCF42381.jpg 本文とちょっとだけ関係有り


カブトムシやクワガタは色々な要素で、少々遠征しないと捕る事が出来ない(ようである)。
しかし、我々の身近にも色んな昆虫が生息している。自宅から10~15分の場所でも採集地として楽しめる場所がたくさんある。仕事が終わってから日暮れまでを使って3日掛かりでそのポイントを探索してみた結果、甲虫だけでもかなりの種が生息する。

カミキリムシ、タマムシ、ゾウムシ、コメツキムシ、ハムシ、ゴミムシ、ハンミョウ、テントウムシ、ホタルetc...
この種がまたさらに分類されてかなりの目数が生息する事がわかる。これらの種は小さくても、魅力的で美しい種が多く最近はまり込んでしまっている。

これに、カマキリやバッタ、蝶や蛾、トンボやハチ、セミ・・・といった昆虫。
また、サルやリス、小鳥、トカゲ、蛇・・・といった小動物。

樹木や、草、花、岩、沢そして景観と楽しむ事がたくさんある。

ひとりであ~でもない、こ~でもないと出来事を結論付けていく。

かなり楽しい時間である。

そんなこんなを左のプロフィール欄にリンクしたTwitpicなるサイトに写真とぼやきを掲載しているのでご覧頂きたい。

スポンサーサイト

| 退屈しのぎの戯言 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不調・・・

朝まずめの時間を狙いたく地元をAM3:00に出発し、いつものポイントに出掛けます。

DSCF41661.jpg AM3:00の国道3号線 inシラチャ

本日は今年の開幕戦に登場のGのさんと、危険生物担当のKUMA兄さんのお二人に付き合って頂いての探索となります。懐メロCD@眠気覚ましを流しながら快調に飛ばして行きます。快調過ぎて3人とも朝のお勤めモードに入っているのにも拘らずガソリンスタンドを通り過ぎてしまいました。(無事にお勤め完了しましたのでご心配なく^^;)

現地直前で東の空が明るくなってきました。いい感じです。
DSCF41681.jpg 赤い空の下はカンボジア

日本でバイクに乗っていた二人が口々に「あ~ここで走ったら面白いやろうなぁ~」と呟きます。一方は適度にカーブしたオン・ロードを、一方は農道や植林の為造成されたオフ・ロードを眺めながら・・・モータースポーツの世界でもいろんな楽しみ方がありますね。でも今日は昆虫採集です。

現場到着・・・

3人で早速ルッキング開始しますが、まったく確認出来ません。

暫らくしてやっとクワガタらしき影を確認。デジタルズームを限界地にして撮影し確認します。

DSCF41711.jpg お、間違いないな・・・

5.4mタモの柄と私の身長+リーチで7m強の高さにいるクワガタを突っついて落とします。
小型のシバツヤクワガタのペアでした(なぜか写真無し)。何とかボーズは回避出来ました。

今朝は時間がたっぷりあるので藪漕ぎしながら他の雰囲気の有る木を探索していきますが、甲虫のこの字も無く、その後小移動してタコ捕れの木のポイントに移動しましたが、ここでも飛来するゾウムシを確認しただけに終わりました。タコ捕れ(タクゥヤック)の木は昨年9月6日に初採集させて頂いた時とは異なり、着生植物と苔の量が少なく、雨が降り出すのが遅かった今年は、まだシーズンインしていないのではないかと感じます。

いやぁ~・・・早いものでここに通い始めて1年が経つんですなぁ~

帰路に新規開拓をするつもりでしたが、県道に出た途端に大粒の雨が降り出し、朝も早かった事もあり、地元で昼食&ビールを摂取する為、本日の採集はお開きにしました。

9月10月11月と昨年のデータではこれからハイシーズンになる予定。ギラファノコギリクワガタの発生後順調に増えるばかりと思ってましたが、そうはうまく行きませんな・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本日の成果

シバ(オニ)ツヤクワガタ ♂1♀1

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| 採集記 | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祐一朗君とクワガタ採集

8月14日、本日は祐一朗君親子と樹液クワガタ採集です。
1週間前の情報で現地は毎日午後から雨となっているらしく、今日は朝4:00出発し朝一番のいい時間帯を狙います。出発時地元シラチャは大雨で、現地付近までず~っと振っていたのですが直前で晴れ間が出て3人で意気揚々とポイントに入ります。

到着と共にルッキング開始。ギラファの木です。

早速、枝に黒い塊を見つけました。
DSCF40771.jpg
                 シバツヤクワガタ(オニツヤクワガタ)ペア

祐一朗君とお父さんに居場所を教え、親子でクワガタの観察をして頂きます。
DSCF40781.jpg ほらあそこに!(お父さんしか映ってませんな)

さらにルッキングを続けます。
DSCF40792.jpg
                           いたいた。

さてどこにいるでしょう・・・1枚目の写真もこの写真も私のカメラでは光学ズーム最大値です。あぁ~もっといい画が撮れるカメラが欲しい。





            正解はこちら
              ↓
siva14aug.jpg  シバツヤクワガタ ペア

             



続いて・・・
DSCF40801.jpg
                    ギラファノコギリクワガタ ♂

どこにおんねん。

この後、タコ捕れの木を探索し、またその近辺数ヶ所でルッキングを続けますが、虫のいそうな要素も得られず、祐一朗君のリクエストでギラファの木に戻り、そこで独りでに落ちてきたシバツヤクワガタ♂1と地上で羽が閉じられず、弱々しく我々の発見を待っていたギラファノコギリクワガタ♂極小1を確認しました。この木の近辺の同じ木を確認しますが、追加は得られず、数ヶ所で探索をしながら帰路につきます。県道沿いに車を停めルッキングをしていると、お父さんが何かを見つけました。

DSCF40861.jpg
                        コウモリでした。
道路の路肩にまで延びてきていた木の枝(葉柄かな?)にぶら下がってます。
よくよく見てみると・・・
DSCF40871.jpg
                     コウモリの親子でした。

小森のおばちゃまの物まねをしてみましたが、祐一朗君は反応せず・・・世代が違います。

大移動をしてチョンブリの山に・・・近場のクワガタポイントをご紹介させて頂きました。

そこでは・・・
DSCF40881.jpg
                   チェリフェルネブトクワガタ ♂

さらに♂1を追加し、本日の採集を終了しました。

収穫としてはぼちぼちなのですが、タコ捕れの木のポイントがまだまだ予想以上に乾いており今年は降水量が不足してクワガタ発生時期が遅くなっているのではと、勝手に考えております。もう少しポイントを開拓しないといけませんな。

ま、本日もゲストには満足して頂けたようなのでめでたしめでたしと・・・


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の成果

シバツヤクワガタ ♂3 ♀2
ギラファノコギリクワガタ ♂2
チェリフェルネブトクワガタ ♂2
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| 採集記 | 21:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昆虫採集と自転車

母の日はきっちゃんと山にお出掛けです。

前回このような光景を目にしました。
DSCF39331.jpg 自虐マニア
標高差約450m距離にして8kmのコースを自転車で走っている人が数人。

そこで、自転車が趣味のきっちゃんにチャレンジしてもらう事にしました。

【Youtube動画】きっちゃんのメタボ対策編

相当きつかったらしく、それでも頂上から折り返して来たきっちゃんは自転車を片付けた後はほとんどの時間車中待機で私一人でぼちぼちと探索を行います。

DSCF40181.jpg オトシブミのゆりかご@ピンボケ

よくよく観察してみると、数ヶ所でゆりかごが確認出来ました。意識をして探したのは本日が初めてですが結構たくさんあるもんなんですね。そして

DSCF40341.jpg
                  オトシブミ成虫 【Youtube動画】

オトシブミの類は、実物を見るのは初めてで生涯初採集です。

ルッキングをしながら標高を上げていきます。途中、数箇所から樹液が流れ出ている木があり丹念に観察しましたが樹液部分には昆虫の姿が確認出来ず、その木にいたセミを捕獲し観察していると頭上でブ~ンという大きな羽音が聞こえました。見上げてみると大きなタマムシの飛行形です。残念ながらはるか彼方へ飛んで行ってしまいました。前回捕獲した種は無視する事とし探索しながら山を登り標高500mの行き止まりに到着しました。ネットフェンスに黒い塊が付いていますが、大きいのでまさかとは思いつつ確認しに行きますと・・・
DSCF40501.jpg
                  超想定外のアトラスオオカブト♀

今まで2時間半、250kmの移動をして探索をしていた、それも夜ライトトラップに飛来してくる個体しか確認出来ていないカルコソマ系カブトムシが1時間、100kmのひょっこり山に生息しているとは・・・先週に続いて違う意味での“アンビリバボ~”です。

今度は山を下りながら探索です。何かを感じ(この何かが聴覚なのか視覚なのかよくわからないのです)ふと振り向くと1本の10mほどの高さの木の周りを飛び回っている個体が確認出来ます。飛行形からすぐにタマムシとわかります。今回は高さといい飛び方といい捕獲出来るチャンスかもしれない。そう思って行ったり来たり見えなくなったりするタマムシを待つ事約30分。とうとうネットが届きそうな葉にタマムシがとまりました。ダッシュで藪漕ぎをし、木に近寄ります。いける。慎重にネットの柄を伸ばして、思い切ってネットを被せます。

やた~!!

DSCF40591.jpg
                           タマムシ

大きな目です。この顔が凄く可愛いと思うのは私だけでしょうか。

さらにもう1頭
DSCF40601.jpgこちらは擬死
アカメガシワの葉にとまっているのを慌ててネットインしました。写真を撮れるチャンスだったと思った時にはすでにネットの中でした。こちらは少し目が小さいですね。

ライトトラップの設営をしていたら、この方が道を横切りました。

DSCF40651.jpg 飛ぶような感じではないな
色んなムシがいるものです。

7:00PMライトトラップを開始しました。今回は白幕と白いビニル傘、そしてLEDランタンを補助具として使いました。HIDライトで誘われた虫は見事に傘の中へと落ちていきます。しかし小さなコガネムシとカミキリ2種4頭というまたまたしょぼい結果に終わってしまいました。
DSCF40681.jpg
                 蛾も甲虫も小さい今夜のライトトラップ

しかし、カルコソマ系カブトムシやタマムシ、オトシブミ等、自分としては満足出来る結果が出ましたので、今後もこの場所に通ってみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の成果

アトラスオオカブト♀1
カミキリムシの仲間
タマムシの仲間
オトシブミの仲間

この山は並みの自転車と自転車好きでは上がれないと解った事。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


| 採集記 | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事をさっさと切り上げて・・・

朝から現在工事中の担当現場へ視察に行き、ちょちょちょっ・・・ と仕事をこなし、現場近くの新規開拓現場へと向かいました。
11aug027.jpg
                       この山は果たして・・・

行き止まりまで約8km有り、標高、雰囲気申し分無し。これは絶対捕れる。引き戻しながら車を停めては登ったり降りたりを繰り返す事にしました。

まずは樹液が出ている所に注目してみました。ライト&掻き出し棒を用意します。

いましたいました・・・


ちょちょっと・・・



11aug028.jpg
                チェリフェルネブトクワガタ ♂ 22mm

連続ボーズ間逃れました^^

樹液の目立つ木が無いので、枝や下草等のルッキングをします。タモの柄2本に1本だけ網を付けて片方は背中に背負います。完全装備です。
最初に見つけたのは・・・
11aug054.jpg
                            ゾウムシ

クリーム色とコーヒー色のツートンカラーで曲線模様が非常に綺麗というか可愛らしいというか・・・ゾウムシの名の通り長い鼻部分で草の枝(草には枝があったっけ?)部分に傷をつけそこから栄養分を補給しているのが解ります。

草、花、枝、枯れ木、蔓などでたくさんの甲虫が確認出来ました。これまでどこを見てたんだって感じですね^^

高枝のルッキングで、本日の大物を確認。ネットにて捕獲します。

11aug079.jpg
                     カミキリムシ♂ 同定中

足、触覚共に長く、3匹目のこの個体は最初に同種のペアー捕獲した際にバランスを崩し木から落ちて小さなクモの巣に引っ掛かってました。その様子はまさにクモのようでした。頬とお尻部分がほんのりピンクで非常に美しい個体です。

そして本日の成果。
11aug108.jpg
                  本日の成果をおおまかに展足

上部発泡スチロールの台の上の個体は冷蔵庫で〆たもの、下部は消毒用アルコールで〆たもので、変色するかどうか確かめたかったのですが特に違いは無いようです。カミキリ5種、ゾウムシ5種、クワガタ1種、ハムシテントウムシと盛りだくさんなのですが下段左の赤茶色の虫はどの分類に入るのだろう?また図鑑を買いに行かねば・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
本日の成果

チェリフェルネブトクワガタ ♂1

カミキリムシの仲間
ゾウムシの仲間
モモブトハムシ 青、緑
ハムシの仲間
テントウムシの仲間
???の虫

新規採集場所開拓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

| 採集記 | 14:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT