タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シラチャ日本祭り~下地健作バンド~クリスマスディナーショー

12月18日土曜日に開催される第2回シラチャ日本祭りに出演する下地健作バンドの大阪でのクリスマスディナーショーの告知VTRが届きました。



タイ、シラチャ在住の皆さんには日本祭りを前に是非動画をご覧頂き、お見知り置きの上、当日のコンサートを楽しんで頂ければと思います。


日本祭りの詳しい記事はこちらをご覧下さい。
            
シラチャ日記:第2回『シラチャ日本祭り』

ではでは日本祭りでお会いしましょう。




スポンサーサイト

| お知らせ・出来事 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

体調回復?

連日連夜の遊び過ぎが祟り体調が優れない1週間だったのですが土曜日の朝になると回復した気になるのはどうした事でしょうか・・・ね^^;

朝、女房子供を送り出しのんびり準備をして車に乗り込みます。

目指すは2週間ぶりのラヨーンの山。狙うは未採集のハナムグリと、某所で紹介されていた画像に影響されてタマムシを狙います。と言うか出会いたい・・・

今日はお天気がいい
29nov25.jpg
                 日産マーチ made in Thailand

日本では生産されてないんですね。う~ん・・・


現場到着。今日もいいお天気です。
29nov7.jpg
                    良い天気と黄色い花

うしやんは黄色い花が大好きなのですが、なぜか虫の気配が薄いです。

で、白い花の群生。蔓草で、地面に張ったり高木に絡みついたりしています。
29nov28.jpg
                ど真ん中に黒い点 クリックで拡大

捕獲し、写真撮影作業中に不覚にも逃がしてしまいましたが、10月1日付の記事“ラヨンの山”で紹介した黒地にオレンジの紋のハナムグリでした。

幸先良くハナムグリの個体が確認出来てテンションが上がります。後はじっくりこの花を探索していきます。ハチや蝶は乱舞しているのですがなかなか甲虫の確認が出来ません。

その途中で、目を引いた蝶
29nov37.jpg
              逃げないで撮影させてくれてありがとう

少し羽ばたいてはすぐ横の葉にとまり、移動距離の短い動きをします。

30分くらい山を下りながら道路脇をルッキングしながら歩きますが、甲虫の気配がありません。下るのを止めてUターンし、登りは手当たり次第に花を掬って行きます。

大きなハチがホバリングを続ける花の群生が目に付いたので、他のところよりも念入りに掬ってみます。

すると・・・


29nov42.jpg
                         ど本命!!

Glycyphana horsfieldi (Hope, 1831)
(Beetles of Thailand 2nd Editionにて同定)

胸の周囲に赤い縁取りが有り、エリトラの紋が金色で非常にゴージャスな配色です。

続いて・・・
29nov48.jpg
                  ハナムグリの仲間? 未同定

同じくスィーピングにて。ピンボケなのはお許しを・・・被写体が小さいもんで・・・



フト目線を移すと、まったく無防備な状態でこの方・・・
29nov53.jpg
             某建物のシャッターの隙間で無防備なトッケー

約30cmの大型の個体で、近づく僕をちら見するものの全く同ぜず・・・オソロシや・・・





トン・ティン・ペットの花を眺めていると、黒いハンミョウのような昆虫が隠れています。
29nov55.jpg
                  中央の花の下に黒い生命反応

掬ってみると、奇妙?な昆虫が入ってました。
29nov58.jpg
                      バッタ?ですか??

バッタ等の知識が乏しいのは認めますが、それでもトノサマバッタに始まり、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、キリギリス、ウマオイ、イナゴ、マツムシ、コオロギ、スズムシ等などは知ってます。が、このような形状のバッタは見た事がありません。一見するとこの Twitpic にアップした写真の右下の黒いハンミョウの仲間とそっくりです。でも後足はバッタですよね・・・

乾季に入った当初は、急激に気温が下がり寒かったのですがここの所は肌を刺すような日差しの日々が続いており、本日は気温も乾季のそれではないような暑さです。
その暑さのせいか、シーズンオフと思っていたタマムシの飛来が見られました。
29nov62.jpg
                 残り少ない葉に飛来したタマムシ
ホストの木には頂部にしか葉が残っておらず、タマムシはその高さを飛び回っては葉にとまります。その為捕獲は不可能。デジタルズームで撮影するもこの画像。しかし、個体の確認が出来て満足^^

その後も花を掬い続けますが、本命様には会えず、半分ヤケクソでスィーピングを続けていると、本日も一文字違いのこのお方
29nov64.jpg
                   キリではなくカキリ

6cm位でしょうか?後程動画をYoutubeに公開します。

ここでスィーピングは諦め、ビーディングにシフトします。

いつものように白いビニール傘を、水道管で作ったサオの先にぶら下げ、ゴルフクラブのシャフトで気になるところを叩いて行きます。なかなか結果が出ず惰性で暫く叩き続けると、地上1mの小枝と蔓草の絡み合った場所からボトッという音と共にこのお方
29nov72.jpg
                      久々のカキリ様

この山では良く見られる種ですが、いまだ未同定です。
29nov73.jpg
                     いつもの・・・

学名など調べる為に過去画像を確認してみると・・・あれ?

・・・・あぁ・・・おぉ・・・

いつもの・・・じゃなかった・・・(泣)


いつものとちゃうやんけぇ~!! あほぉ~!! to 自分

落ちて来た際のバンザ~イの姿勢と、おなかの色、触角の形、また背側の斑模様でこのお方だと思い込んでしまいました。しかし・・・全然違う模様(号泣)

当日の気持ちに一旦戻り・・・久々のカミキリに気を良くしてさらに叩き続けます。

29nov75.jpg
       Atennohyllisia rondoni Breuning, 1963 フトカミキリ亜科

こんな細いのにフトカミキリ亜科に分類されています。

続いて
29nov77.jpg
                    カミキリムシ未同定

29nov79.jpg
                    キンカメムシの仲間

胸部の棘状の突起部を掴むとグサッと皮膚に食い込み非常に痛かった。この個体は以前確認した種と同種のようですが、紋様がかなりぼやけてます。個体差があるのでしょうね。

本日一番驚いた落下物
29nov80.jpg
                       巨大ナナフシ

体長約20cmで前足をピンと伸ばして30cm強あります。足は無数の棘が出ており、さすがこの大きさともなるとナナフシとは思えないパワーがあります。タイの淡水に生息する青いテナガエビ(美味)の足のようです。


29nov86.jpg
                  ころっころのシギゾウムシ

この写真だけピントが合いました。ペアーで落ちて来ました。

最後に
29nov89.jpg
                   ヒゲナガゾウムシの仲間

これまで確認したヒゲナガゾウムシの中で最も小さく、触角の細さに見入っていると、いきなり飛んで逃げてしまいました。

あほっ!あほ~!! to 自分@2回目


ヒゲナガゾウムシ同定に使わせて頂いてるページ 東洋のヒゲナガゾウムシ にも未記載でしたので、がっかりです。

ここで気力も体力も無くなり、本日の探索を終了しました。

現在、今週末のきっちゃんとの連休探索地を密かに思案中。月齢も良いので今年最後かもしれないHIDライトトラップを楽しみたいと思ってます。




| 採集記 | 19:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デジタルズーム

カメラのデジタルズームって主にはるか彼方の個体確認に使ってたのですが、今回は蝶の撮影に挑戦してみました。
DSCF54582.jpg
                     ヒイロシジミと思われる

ここまでが精一杯ですかね。画質は光学ズームには敵わない。

折角なので光学ズーム最大値での撮影
DSCF54491.jpg
                   同じくヒイロシジミ・・・と思われる

画質は合格点。これ以上寄れない。

ズームとは全然関係無くなりますが・・・

決定的瞬間は・・・と言うほどでもないが
DSCF54461.jpg
                     ハナアブ君のホバリング

こういう被写体をもっと上手に撮りた~い!!

も~い~くつね~る~と~~~~ク・リ・ス・マ・スゥ~
って寝ても子供じゃないからなぁ・・・


1ヶ月禁酒、禁外食で予算組むかなぁ・・・

欲しいなぁ・・・

| 退屈しのぎの戯言 | 22:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴルフ場

ゴルフ4連荘終わりました。

あ、良い子には4連荘の意味がわからないか・・・

4日連続のゴルフが終わりました。

結果は別として4日も連続でプレーすると良い所も悪い所もはっきり見えたような気がして・・・よかったです。(と言いつつ3日で忘れる@いつものパターン)




という事で今回は趣向を変えて(と言うか虫ネタが無いので)ゴルフ場紹介です。


1日目 PATTANA GOLF & SPORTS CLUB
23nov009.jpg
                   クラブハウスよりB1コース

コースの左右が池のロングアイランド的なホールです。
お約束通りティーショットを曲げて池ポチャで大叩き(苦笑)





2日目 BURAPHA GOLF CLUB

写真撮る余裕無し(泣)
土日だけアルバイトに来ている中学生のキャディーさんがとってもいい味出してました。





3日目 TREASURE HILL GOLF & COUNTRY CLUB
23nov012a.jpg
    いつも楽しくプレーさせてくれるキャディーさんと16番ティーグランドにて

唯一パーであがったホールです(微泣)
コースが全然写ってませんが・・・

4日目 SIAM COUNTRY CLUB OLD COURSE
23nov001.jpg
               クラブハウスより18番ホールグリーン側から

今年2月、HONDA PTT LPGA THAILAND 2010というトーナメントが開催され日本人女子プロゴルファー宮里藍ちゃんが優勝した事で日本でも知られるコースです。
等身大の藍ちゃんの写真が飾られてましたが記念撮影出来ず・・・残念。

23nov004.jpg
                          ゾウの尻

23nov007.jpg
                  17番ホールティーグランドより

ヨセとパットに苦しみました。前日までとはグリーンの速さが倍ほど違うのでは?
パットでオーバーしグリーン外へ出てしまいパターの後ピッチングを使う羽目に・・・とほほ。

虫捕り網は自重しましたが(笑)4日間甲虫の飛来は確認出来ず、蝶、トンボも少なくなりつつあり唯一ハチだけはアクティブでした。

涼しくなったとは言えどもここはタイでして、4日もゴルフすればしっかり日焼けして、普段よりもっとタイ人に見間違われそう・・・。

さ、仕事しようっと・・・(あ、5時前だ)

| スポーツ | 19:01 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

11月17日のハチの追記

訂正
下記の記事で同じ種のオスメスと書きましたが、うしやんの早とちりでした。
申し訳ございません。実際には確認は出来ておらず早急に同定作業を進めます。

でも行動パターン的には間違いないと思われます。


うしやん

今日から4連荘でゴルフです。
身体よりも出費がちと心配・・・

11月17日の記事で2頭のハチをご紹介しましたが
2頭ともツチバチでした。

それもオスメスペアーとの事。
小さいほうのオスの毒針に見える部分はただの突起らしい。
メスと同じように刺す行動はするが無毒。

行動パターンが同じで、飛行中の見た感じも同じだったので捕獲した時には全然違ってたのでびっくりしましたが、オスメスこんなに違うのもびっくりですね。

小さくてスタイリッシュなオスに対して大きくていかついメスと言う事ですな。

う~ん・・・まだまだ知らない事ばかりです。

さ、ゴルフに行ってきます。

| お知らせ・出来事 | 12:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT