タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

2011年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年04月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

3月26日HIDライトトラップ

土曜日は午前中だけ仕事をして、夕方ちょうど良い時間にポイントに着くように車を走らせました。最近お決まりの単独行動@夜の闇であります。

DSCF73131.jpg
            空はおも~い感じで・・・降りませんように・・・

っと言う間に現地到着
28mar093.jpg
                 いつものあの山へ・・・

山道に入りオフロードを慎重に登っていきます。ここ最近のまとまった雨の影響で路面の雨水による侵食で出来た溝(地割れの様)が土砂で埋まったり、新たな溝が出現して道の状況が変わっているので要注意して進みます。しばらくすると

あちゃ~っ!!

恐れていた光景がそこにはありました。
高さ20m程、直径約80cm~1mの大木が倒れて道路を塞いでいるではあ~りませんかぁ・・・雨が降り始める時期は、よくこういう光景を目にしますが・・・あぁ~ぁ・・・

プロトレックで標高を見ると65mでいつもの場所より200mも低い場所です。徒歩で少し上がってみましたがライトトラップが出来そうな所までは相当な距離を歩いて行かなければならず、道具の量と安全面を考えるとリスクが大きく、ダメもとで倒木の場所でHIDハンディライトを設置する事にしました。

こんな場所です。
DSCF73231.jpg
            4WDとは言えあの木は越えれん・・・

幅約7m程の悪路の山道で明るいうちにUターンをし、帰路に備えます。奥に見えるのが通せんぼの木です。

そしてこのようにセッティングしました。
DSCF73261.jpg
            悔し紛れに木を利用してやりました
DSCF73271.jpg
    ライト後方から照射方向を撮影。狙うは木の合間に見える尾根

残念ながら届いてなかったようですが・・・


6時45分照射開始です。
本日は6000ケルビンの紫外線強化バルブを使用し、50w設定で本体と外付けバッテリー合わせて3時間のライトトラップとなります。
DSCF73311.jpg
             開始時の気温26℃、湿度84%

ライト点灯早々からたくさんの虫が飛び始めました。以下手短に開始30分間の主だった甲虫のご紹介


DSCF73321.jpg
                  ゴミムシの仲間?
DSCF73341.jpg
                 コメツキムシの仲間?
DSCF73361.jpg
                  コガネムシの仲間
DSCF73371.jpg
                    E.T.?
DSCF73401.jpg
                  コガネムシの仲間
DSCF73421.jpg
                   ホタルの仲間
DSCF73431.jpg
                  コガネムシの仲間
DSCF73441.jpg
                これまたコガネムシの仲間
DSCF73451.jpg
             大型のチェリフェルネブトクワガタ♀
DSCF73481.jpg
                 カミキリムシの仲間
DSCF73491.jpg
               巨大!?コメツキムシの仲間
DSCF73511.jpg
               巨大!?コフキコガネの仲間
も1頭
DSCF73521.jpg
              巨大!?コフキコガネの仲間 2

と言う具合に、開始直後から写真と回収で手一杯の大忙しの30分でした。

さらにぼちぼちと・・・
DSCF73531.jpg
         赤いダニをた~くさん背負ったコメツキムシの仲間
DSCF73541.jpg
               カルコソマ系オオカブトムシ♀
DSCF73571.jpg
                ゴツゴツで凸凹な甲虫
糞虫かコガネムシか・・・?

DSCF73611.jpg
              カマキリモドキの仲間@狙ってる
DSCF73631.jpg
               カルコソマ系オオカブトムシ♂
DSCF73651.jpg
                 午後8時過ぎの状況

見た目は寂しい感じが有りますが、一番大きなのがカルコソマ系オオカブト♂約8cmとなると、3~4cmの甲虫も小さなものに感じてしまいますね。

DSCF73661.jpg
                ウスバカミキリの仲間
DSCF73681.jpg
                 クロツヤムシの仲間
DSCF73711.jpg
                小型のカマキリ@ずん胴

そしてライトを通り過ぎて左の藪に飛び込んだカルコソマ系オオカブト♂を探し出し観察したあと、ライトとシートに目をやると待ち望んでいた対の細長いパーツを持った赤茶色の生き物がシートの上で歩き回っていました。




じゃん!




じゃじゃじゃん!!




DSCF73731.jpg
             ジェンキンスノコギリクワガタ ♂

学名:【Prosopocoilus jenkinsii】昨年の3月に不明クワガタとしてこのブログの記事“正夢”Youtubeに公開させて頂いた小型のクワガタはこの種の小歯型ではないかと思っています。メスのエリトラの縁の艶無し部分もこの種の特徴です。

DSCF73771.jpg
           長短小角のカルコソマ系オオカブトムシ♂
DSCF73821.jpg
        毛深いコメツキムシの仲間とミツギリゾウムシの仲間

今夜はコメツキムシの仲間だけで恐らく7種の飛来がありました。なかなか面白い虫ですね。

最後にブァ~ンと
DSCF73851.jpg
                    ヒメカブト♂
この個体で5cm強ありますが、あらためて11cmのコーカサスオオカブトの大きさがどれだけ凄いかって事を感じます。

今回のライトトラップの模様はYoutubeに多数公開させて頂いてます。サングラスに黒い帽子のまるで泥棒のような風貌で生出演させて頂きました(実は固定ビデオで撮影中なのを忘れて虫拾いに夢中になってた)ので“興味のある方”は是非ご覧下さい。

ここからは、グロ注意です!!

ライトトラップ中に肩の付け根に激痛が走りました。そしてズキズキし始めました。ハチに刺されたようです。長袖のピタッとしたシャツの上にポロシャツを着ていたので、まさか刺されるとは思っていなかったので焦りましたが、いつも常備している“ポイズンリムーバー”を使用する時がやってきました。これは注射器を連想させる吸引器で刺された箇所に先の吸い口を押し付けてレバーを引いて毒を吸引する物なのですが、薄暗いところで、見難い角度の為1回目は違うところを吸引(右下の跡)。改めて刺された箇所に押し付け吸引すると、結構な力で吸い上げます。適当に吸引を終え、常備していたハチ刺され用の薬(と言ったら薬局が勧めてくれた物)を塗ると・・・あら不思議!?一瞬にして痛みが消え、腫れも引き少々の違和感が残るだけとなりました。下の写真の40歳の美肌(グロ注意!)をご覧下さい。帰宅後撮影したのですが、これだけ跡が残るって事はかなり強烈に吸引しているって事ですよね。左上の跡の中心が刺された部分です。
DSCF73871.jpg
              ポイズンリムーバーの吸引跡

いやぁ本当に助かりました。昆虫採集される方、常備する事をお勧めします。




スポンサーサイト

| 採集記 | 03:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

昨年11月の北部遠征 その2

先週に引き続き魔琴さんの採集記で北部遠征の模様が公開されました。

クワガタ採集記(ミヤマの呪縛)

へっぽこ採集記から2010.11.06へお進み下さい。

この日は楽しかった!!

是非ご覧下さい!!

| お知らせ・出来事 | 14:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラヨーンの山 3月

3月度ラヨーンの山採集です。

朝8:00の気温は21℃で3月らしくない涼しさです。
21mar001.jpg
                  さぶいさぶい・・・

ここ最近の雨と湿度の関係でしょうか?ずいぶんと緑が増えてきました。どんな新しい種に会えるか楽しみです。

まず目に付いた昆虫
21mar003.jpg
                  キンカメムシの仲間

一時期に比べて数は減ってきましたがまだまだ生息しています。ウラジロエノキ風の木の花や実がお好きなようです。(この葉はまったく別物ですが・・・)

伐採された木が集積された場所の前を通るとふわぁ~っと目の前を飛来する影が・・・なんとか目で追って小枝にとまったのを確認出来ました。
21mar006.jpg
                   カミキリムシでした

まずは本命ゲットです。やれやれ・・・


いつものように、標高500mからテクテクと探索しながら標高380mまで山を下ります。小さなハムシは数種類飛んでいますが、狙いのもう少し大きな甲虫の気配がありません。Uターンし標高500mに停車している車まで戻ります。下りでまったく気が付かなかったものが、上りで簡単に見つかる事がよくあります。逆でも同じ事が言えます。
途中、白い大きな花に何か付いていないかと草むらの中に入り込むと、足元から赤っぽい昆虫がふわぁ~っと飛び立ち背の高い草の陰に隠れました。目視出来なかったので、その辺りにネットを当てると、ふわぁ~っと飛び出して来て今度は別の枯れた草にとまりました。
21mar013.jpg
               写真中央の赤い個体は・・・?

すかさずネットで救います。
21mar014.jpg
                やった!!@ピンボケ

全身が赤のビロード調で、足と触覚と目が黒。エリトラの前方の縁がチョコっとだけ黒の非常におしゃれなカミキリムシでした。かっこいぃ!!
21mar015.jpg
                  横から・・・カッコイイ

体高が高いのにはどんな意味があるのでしょうか?

この後一旦車に戻り標高を下げてビーディングに切り替えます。もちろんネットも背中に背負って行きます。

今回最初で最後のビーディングによる本命
21mar020.jpg
                  毛深いカミキリ

先月確認した人面カミキリとよく似ていますが、全体的に毛が多く、エリトラの模様もこちらのほうがはっきりとした?幾何学模様です。
残念な事にひたすら叩きましたがこの1頭だけでした。

21mar023.jpg
          ごつごつしたイワオトコのようなゾウムシ

わぉ!!

地面から2m程の蔓草の葉柄部分にテカテカと輝く個体が目に留まります。
21mar025.jpg
                美し過ぎるコメツキムシ

体長2cmと2.5cmのペアーです。エリトラは無毛で光沢のあるグリーンで角度によりシャンパンゴールドに見えます。胸部は朱色で中央に縦に少し濃いグリーンの筋が入ります。頭部と腹部、足は光沢のあるグリーンで非常に美しい。この目立つ色彩は自然界でどんな意味を持つのでしょうか?

21mar030.jpg
                頭上2mに甲虫発見!!

わかりますでしょうか?2~3cmのコガネムシなのですが・・・こういうシチュエーションで虫を見つける自分に驚き!(でも取り逃がしましたが・・・ヘタクソ!

木の葉の上を走り回り飛びまくるこの方をネットイン
21mar031.jpg
             ハンミョウの仲間なのでしょうか


21mar036.jpg
           最後にビーディングで落ちて来た甲虫

4mm程度でこんな感じの棘のある個体を採集した事があります。写真を撮った直後に消えてました(泣)

この他ジンガサハムシを複数種見かけましたが撮影せず・・・今回はちょっと期待はずれでしたが、引き続き来月も定期探索する予定です。











| 採集記 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

満月ライトトラップ強行!!

週末、ブログのメールフォームから連絡頂いた鹿児島のandorias1さん
が別件でタイに来られる事になり、その空き時間を利用して満月の条件の悪い中HIDライトトラップを行いました。

場所は自宅から約30分のポイントで、いつもは午後に時間が空いた際に行くポイントです。始めての夜の活動という事で軍曹殿も一緒です。

17mar054.jpg
            下見の際に撮ったポイントの写真

高い山はありませんが、昨年大物が確認された山と連なっており、もしかしたら・・・期待が高まります。

夕方周辺が暗くなる直前にポイントに到着。正面の山の右脇から月の光が確認出来ます。
19:00にスイッチオン。すでに月はすっかり顔を出しました。
21mar038.jpg
                   月との勝負!!

しかし、久々に周りにまったく灯りが無い中で月の光を感じたのですが、本が読めそうな位明るいではないですか!!それを感じられただけでも大収穫のような気がしました。

19:20頃
21mar039.jpg
          お月様の見守る中、飛来昆虫を確認

今回も6000ケルビン紫外線強化バルブを使用し、たぶん?50Wの設定です。
(終了間際バッテリーの持ちがいいので確認したら30Wになっていた。向きを変えた際に当たってしまったのだろうか?月明かりの下という普段とは違う環境下で目視でその変化に気付かなかったのか・・・)

今回は少ししか写真を撮らなかったのですが、飛来した小型昆虫をご紹介
21mar042.jpg
               中央はエンマムシ(半翅目)

他にゴミムシダマシ、糞虫、ハネカクシ等の甲虫が飛来。


21mar045.jpg
              電池式のランタンの周りには・・・

何種類ものコガネムシ、糞虫、ゴミムシダマシ、ハネカクシ、コメツキムシが飛来しました。飛来は19:00のスイッチオンと同時に約20分程で忙しくなるくらいの量が飛んで来ました。

その後、月の高度が上がるのとリンクするかのように飛びは少なくなりましたが、andorias1さんは充分満足して下さり楽しい3時間を過ごせました。

撤収後、折角ですので灯下を回りながら帰路に着くことに・・・道端の所々にヨタカが確認出来、生物全般が対象のandorias1さんは果敢に撮影を試みます。
21mar048.jpg
              ヨタカとカメラマンの語らい・・・

道路では電線にミミズク、灯下でサイカブトを確認出来ました。

ブログを通じてこのような熱心な方に声を掛けて頂き楽しい時間を一緒に過ごせた事は喜ばしい限りです。andorias1さんまた是非お越し下さい^^

また、今回のandorias1さんのようにタイに来る機会のある方で、我々の活動に興味を持って頂ける方は是非トップ画面の“メール”フォームからメッセージを下さい。出来る範囲で対応させて頂きます。

今週末はコーカサスあんどテナガ狙いです^^


| 採集記 | 14:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アリの巣

Twitpicにも公開したのですが、面白かったのでここでもご紹介します。

山道を歩いていると、広葉樹の葉っぱが半分に丸められクレープを丸めたような、餃子の出来損ないのような形になっていました。

こんな感じ↓↓↓↓
17mar015b.jpg
                  なんじゃらホイ?

こんな感じになっているのは、アリかクモか毛虫か・・・?

中を覗く為発破の先端を掴むと・・・


17mar012b.jpg
                  なんか御用でっか?

黒いアリさんでした。日本のヤマトクロアリ程の大きさです。特に威嚇するでもなくこの場所でじっとしています。


中はどうなっているのかなぁ・・・?


17mar014.jpg
                  ちょっと失礼^^

合計8匹。ただただじっとしています。女王アリが居るでもないようでほぼ同じような個体が葉っぱを丸めてその中で何をしているんでしょうかね?

その1mほど横に同じく葉っぱを丸めた、しかししっかりとした造りのものがありました。同じように葉っぱの端を掴むと・・・

17mar017.jpg
                誰じゃワレェ~!! by河内弁

こちらはドドドッ!!と言った感じで3匹のアリが姿を現し臨戦態勢です。


さらに


17mar016.jpg
                     後衛部隊

奥側の穴から一斉に出てくると餃子の周りで臨戦態勢。じっと葉の先端側を見守っています。敵はこっちだよ~


17mar018b.jpg
                     臨戦態勢

お腹部分が真っ赤になっています。興奮状態なのでしょうか?そしてお尻の先端を前方に折り曲げています。何がしたいのかさっぱりわかりません。

前者は巣に何も守るべきものが無いような状態、後者は大事な物が巣の中に入っている状態なんでしょうね。その大事な物は女王アリなんでしょうね。でも前者はこの後女王アリが入ると言う事なのでしょうか?


う~~~ん・・・わからん。後日再度観察してみます。





| アリ | 22:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT