タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

2011年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

体調悪し・・・の為、近場にて

ここのところ、ズ~ッとお腹の調子が悪く、先週末は遠出をせず自宅から30分圏内にて日中のみの探索を行いました。

探索開始は5月27日ナイターで寒~い結果に終わったポイント付近。自宅から30分圏内では最も期待出来るポイントです。

まずはこの方の玄関先でのひとコマから・・・

1IMG_1637.jpg
イェ~の家ぇ~

地面に穴を掘ってその中に住んでいます。某ゴルフ場などはフェアウェイにこの巣穴がいっぱい・・・です。

この後、小さなタマムシを撮る前に採りました。後日公開します。

葉っぱの上に
2addd.jpg
ツノゼミの仲間ですかね?


僕の前をふわぁ~っと横切った・・・
2IMG_1647.jpg
未同定のカミキリ(初採集)


綺麗な声で鳴いていた・・・
3aIMG_1649.jpg
小鳥


木の陰からまっしぐらに僕の方に飛んで来た
3IMG_1651.jpg
タマムシ


このポイントでは初採集です。
このタマムシより一回り大きくてグリーンに白帯の入ったタマムシを確認しました。ラヨンの山で確認した物と同じタイプです。次回必ずリベンジします。

葉っぱを齧ってました・・・
4IMG_1655.jpg
フトカミキリの仲間

これもラヨンの山では“いつもの”ですが、ここでは初確認です。

お昼をまわり、暑さと空腹でかなりバテてしまい、一旦車に戻る事にしました。その道中で面白い光景に出会いました。
5IMG_1658.jpg
蜂の巣建設現場


子供の手のひらくらいの葉っぱにチビアシナガバチと思われる蜂がまずはシャワーヘッド型の巣(中央)を作ります。そして、働き蜂の数が増えると、葉っぱの縁にそって、覆い(上部)を作ります。この写真は未だ建設初期の段階で、完成するとこんな覆いの付いた巣(4月23日撮影)(←twitpicに飛びます)になります。ちなみにこのチビアシナガバチは体長1cm弱の小さな蜂です。

Youtube動画も公開しております。
蜂の巣(4月25日公開)
蜂の巣その2(5月30日公開)

車に戻り、しばし休憩。あまり体調がよくないので、車横付けの出来るポイントに移動する事にしました。その道中、いつも気になっている貯水池の周りの茂みを覗いてみました。各所に倒木が有り、木漏れ日に照らされた場所は雰囲気がよく何かがとれそうな予感がします。

6IMG_1665.jpg
シジミチョウの仲間?


7IMG_1667.jpg
蝶?の仲間


その他、いろんな蝶が羽を休めていました。甲虫は、アオドウガネと思われる上翅が1枚腐葉土の上に落ちていたのみ・・・

さらに移動。ちなみにこの移動はどんどん自宅に近付いております。


アンテナ塔の山に到着。海も貯水池も見下ろせる絶景ポイントでもあります。まずは以前から小型のタマムシを確認している倒木のポイントへ・・・タマムシは確認出来ませんでしたが・・・

8aIMG_1672.jpg
未同定のフトカミキリの仲間(初採集)


上翅は光沢があり、つるつるしております。この種のカミキリは凹凸や毛などで紋が出来ている物が多いのですがこの個体は意外でした・・・

9IMG_1676.jpg
真っ黒なゴキブリ


ハナムグリかと思ったのですが・・・

10IMG_1681.jpg
葉っぱの上にコメツキの仲間


11IMG_1686.jpg
蝶の仲間


蝶がたくさん舞っている木の花が咲いている部分をじっくりみていると

おぉ~!!


12IMG_1687.jpg
夕方でも訪花するのかぁ~!!


この木は高過ぎてネットがとどかず、飛来の際に降りてきたところを狙ってみましたが捕獲出来ませんでした。たが、下山途中で同種の木を発見!!

で・・・


13IMG_1691.jpg
Pachyteria dimidiata Westwood,1848


こんな近所にもいたんだぁ・・・やっほ!!

そして、たまたま一緒にネットに入った
14IMG_1693.jpg
ハナムグリの仲間


ラッキィ~♪

という事で、自宅30分圏内もまだまだ知らない事がたくさんあると再認識した1日でした。

スポンサーサイト

| 採集記 | 16:17 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

御礼!!

フト・・・過去ログを見てみたら、このブログを始めて今日が3年目の最終日。

明日から4年目に突入です。

カウンター値も9,500を超え、当初1年半くらいは1桁の前半だったのが今では1日平均20人ほどの訪問者数になりました。

やはり訪問者が増えた事、コンスタントに見に来てくれる人がいると、非常に励みになります。御礼申し上げますと共に、これからもよろしくお願い致します。

4year.jpg
この時の感動を忘れず・・・6 Sep 2009


4年目最初の活動日は明日(初日)の予定で~す!!

| お知らせ・出来事 | 12:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アフターファイブ HIDライトトラップ

昨日、仕事を終えてから近所の山に入りHIDライトトラップを楽しみました。

先月末、地元初コーカサスオオカブトを拝んだポイントからさらに奥に進みその際照射していた尾根を間近で照射することにしました。

1IMG_1613.jpg
ここに決定・・・


午後7時ライト点灯。最近いつもの設定(6,000ケルビン紫外線強化バルブの50W)で、今回は照射ポイント(尾根)が近いので少々光を拡散してみました。

2IMG_1621.jpg
こんな感じ・・・


で、3時間の成果はと言いますと・・・

3IMG_1622.jpg
アオドウガネの仲間? x5頭


4IMG_1623.jpg
糞虫 x1頭


5IMG_1625.jpg
クシヒゲムシ x1頭


6IMG_1627.jpg
今夜の No.1 of Moth


・・・

とさむ~い結果に終わりました。蛾とハチの飛来は相変わら多かったです。
甲虫は先月にも増して減ってます。なぜだろう・・・発生時期の谷間ですかね?

周辺見回りの際に出会ったザトウムシの捕食シーン

7IMG_1633.jpg
ザトウムシ vs ミミズ


週末はどこでリベンジしようかなぁ・・・

| 採集記 | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝から晩まで昆虫採集三昧

〔朝編〕

早朝・・・昨夜の酒が残っているが何とか身支度をし自宅を出発。前回採り損ねた色んな種を捕獲すべく試行錯誤しながら現地に向います。


到着。

いつもならすでに訪花しているはずの甲虫がいません。が、しばらくすると小型のハナムグリが訪花したので落ち着いてネットインします。別の場所の花も確認しますが甲虫は全く訪れていませんでした。


2IMG_1472.jpg
でっかいクモ Giant Long-jawed Orb-weaver
Nepila maculata


大きなのがメスで小さい赤いクモがオスのようです。

前回までたくさん飛んでいた蝶も見当たらないと思っていたら、10m以上ある樹木の花にたくさんの蝶が舞っていました。

2IMG_1474.jpg
はるか彼方で蝶が舞う・・・



2IMG_1489.jpg
変なゴキブリ


2IMG_1498.jpg
大きな蝶


結局、朝の部では「いつもの」虫しか採れませんでした。飛翔するカミキリの後を追って行き先を確認するとやはり10mくらいの高さの花にとまりました。そのあたりのほうがコンディションが良かったのでしょうか?その後も数頭同じようにはるか上空を舞っておりました。

〔朝編おわり〕

150kmほど大移動をし、ライトトラップを行います。
途中で給油、遅い昼食、買出しを行いポイントに入ります。


〔夜編〕

3IMG_1505.jpg
いつもの山

3IMG_1518.jpg
気温27℃ 湿度88%



午後7:00 HIDハンディライト点灯しました。
以下飛来した虫のご紹介

19:06
4IMG_1520.jpg
コメツキムシの仲間


5IMG_1521.jpg
HIDハンディライト


6000ケルビン紫外線強化バルブで50Wにセット。本体と外付けバッテリーあわせて3時間ライトトラップを楽しみます。

19:10
6IMG_1528.jpg
Olenecamptus bilobus laosus Dillon & Dillon, 2004】


19:27
7IMG1533.jpg
ミズスマシの仲間???

小型のゲンゴロウと同時刻に飛来しました。非常に変わった形をしています。

19:28
8IMG_1536.jpg
ヒメカブト ♂


19:33
9IMG_1537.jpg
コメツキムシの仲間


19:36
10IMG_1539.jpg
ジェンキンスノコギリクワガタ ♀
Plosopocoils jenkinsi (Westwood, 1848) 】


19:44
11IMG_1540.jpg
コメツキムシの仲間


19:49
12IMG_1543.jpg
アトラスオオカブト ♂


20:00
13IMG_1546.jpg
カルコソマ系オオカブト ♂


20:05
13sssff.jpg
ホタルの仲間

20:19
14IMG_1550.jpg
コーカサスオオカブト ♀


20:23
15IMG_1551.jpg
Epepeotes luscus densemaculatus Breuning, 1943】


20:35
16IMG_1553.jpg
コメツキムシの仲間


倒木の割れ目から動くものが見えます。覗き込んでみると・・・



ジャン!!


16scop.jpg
小型のサソリの巣になってました。


その後カルコソマの♂2とアトラスオオカブトの♀1が飛来し、午後9時~10時のクワガタゴールデンタイムも30分を過ぎ諦めムードに入った頃・・・

21:31
17IMG_1566.jpg
ゲストロテナガコガネ ♀
Cheirotonus gestroi Poillaude, 1913 】



何度見ても飽きない美しい種ですね・・・今年はまだ♂を見てません。
贅沢ですね・・・


さ~て、来週はどこで何を狙おうかなぁ・・・未採集種のタマムシも見ちゃったしなぁ・・・

あぁ・・・悩む^^;

| 採集記 | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラヨーンの山 5月

月例となりましたラヨーンの山に行ってきました。
近場の採集も、定例のライトトラップも本格的にシーズン突入した事も有り、大収穫を期待し早朝自宅を出発しました。
給油、買出しを済ませ山道を走ります。毎度の事ながら1ヶ月前とはずいぶん景色が変わっておりわくわく感がこみ上げてきます。
一気に頂上へ到着。車を脇に寄せ準備に掛かろうと車を降りると、1ヵ所に蝶が飛び交っていました。身支度の手を止め確認してみると・・・


わぉ!!

1IMG1023.jpg
朝一番から刺激が強過ぎる!!


写真や動画を満足いくまで撮りまくり、装備を揃えて捕獲作業に入ります。今日は4.5mの柄にいつもの60cm枠に自作のネット。しなり具合が気になりますが、慎重且つ大胆に横から掬います。

そして・・・








さぁ・・・探索開始です(泣)




一気に標高120m差を下りまずは、状況確認です。数ヵ所同じ植物が確認出来、同じように蝶が舞いちらほら甲虫も確認出来ました。焦らずとも今日は大漁だと確信し探索を続けます。

以下ほぼ80%は冒頭の花での写真です。枚数が多いので駆足でご紹介。
113may001.jpg
いつものフトカミキリの仲間

113may002.jpg
ハナムグリの仲間?初採集
Thaumastopeus nigritus (Frohlich,1792)
※カッコ内のoの上に¨が付きます。何語かな???

113may005.jpg
ハナムグリの仲間
Ixorida mouhotii (Wallace,1867)】

113may007.jpg
Chelidonium venereum Thomson, 1865
初採集

113may013.jpg
オトシブミの仲間

113may032.jpg
よくよく見ると脱出中でした

113may015.jpg
Polyzonus nitidicollins Pic, 1932
初採集

113may020.jpg
近所の施設で飼われている子犬(リリース)

113may021.jpg
この蝶が多かった・・・

113may022.jpg
上記の蝶とは雌雄なのかな?

113may023.jpg
モモブトスカシバの仲間

113may027.jpg
Pachyteriaの仲間
初採集


113may033.jpg
3月に採集したカミキリ(未同定)

113may039.jpg
何に見えますかぁ~???


正解は・・・

胡坐をかいてヨガに励む猿仙人に擬態したクモ

です。


この後は標高を下げいつものようにビーディングです。
113may043.jpg
いつものフトカミキリの仲間@傘


しばらくビーディングしましたが、ルッキングで確認した数頭の小型カミキリムシを逃がしてしまい、叩くよりも掬う方が良いと判断し、ビーディング道具を片付けネットを手に探索を続けます。

113may047.jpg
モモブトハムシ@ゴージャスな色

113may048.jpg
モモブトハムシ@グリーンメタ

113may051.jpg
ヒゲナガゾウムシの仲間

113may059.jpg
HITACHI EX200の様なオトシブミの仲間

113may076.jpg
蛹化寸前のアゲハチョウの終令幼虫でしょうか?

113may081.jpg
モモブトハムシ@ブルーメタ

113may082.jpg
カミキリ未同定
初採集



ブログとしてはかなり手抜きですが・・・最高の一日でした。
まだまだたくさん写真はあるのですが、今日のところはこの辺で^^

タイの書籍Beetles of Thailand 2nd Editionにて同定しております。

| 採集記 | 19:57 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT