タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アオショウビン

久々に鳥カテゴリーで・・・

古い機材であまりうまく撮れなかったんですが、娘を塾に送る途中見かけたアオショウビンが帰路でも同じ場所にいたので撮影してみました。


IMG_5892.jpg

IMG_5898.jpg

IMG_5906.jpg

IMG_5909.jpg

IMG_5913.jpg

IMG_5918.jpg

個人的には真正面から見た何の鳥だかさっぱりわからない写真がとっても間抜けで気に入ってます。こういうシーンに出逢ってしまうとまた長いレンズが欲しくなります。

Canon IOS Kiss Digital N + キットレンズ200mm トリミング
スポンサーサイト

| | 13:01 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タイ北部パイの街にいます。

おはようございます。

タイ北部 メーホンソン県にあるパイという山に囲まれたリゾ-ト地にいます。

IMG_1546.jpg


この後荷物をまとめてチエンマイに移動し明日の朝
シラチャに向けてチエンマイを出発します。

近況報告まで・・・寒くてPCの前で布団かぶったまま動けない・・・現在11℃

| | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アンチャン・・・(兄ちゃんぢゃないよ)

先日ご紹介した庭のカネジャクツノゼミがいたマメ科の蔓草ですが、昨日の夕方は合計5匹のカネジャクツノゼミを確認しました。今朝写真を撮ろうと思ったら、朝の水撒きの際に散らしてしまったのでしょう。1匹しかいませんでした。戻ってくるかなぁ・・・

DSCF4998.jpg
アンチャンの花

キレイでしょ。

DSCF4994.jpg
カネジャクツノゼミとアンチャンの実、バックに花


コンデジはカネジャクツノゼミには興味を示しません・・・(泣)

DSCF4996.jpg
もう1本のカネジャクのいる木

今朝も場所は移動していましたが確認しました。
さぁ・・・しばらくして幼虫が発生するかなぁ?

近所のチャーク君を移動させることも考えましたが、もし合わなければカワイソウなので止めました^^

| 植物 | 11:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自宅周辺のツノゼミ

朝の散歩がてら散歩道にいるツノゼミの観察、撮影をしてきました。

IMG_1367.jpg
ミドリズキンツノゼミ

正面から見るとま、緑っちゃ緑ですが・・・

IMG_1366.jpg
ミドリズキンツノゼミ

背側から見ると鮮やかな黄緑です。縁(ミドリぢゃなくフチ:僕が見間違えたので皆様ご注意^^;)は葉っぱが枯れたり腐ったり齧られたりして変色したものに似ています。後ろに伸びる角の根元に黄色っぽいものが見えるのが小楯板。これが角に隠れず見えるのがズキンツノゼミの仲間の特徴の一つ・・・

だったはず^^;

IMG_1374.jpg
チビズキンツノゼミ 幼虫

おそらく終齢幼虫です。このサイズが焼け跡のすぐそばの木にウヨウヨいたので、もうすぐ盛期の予感。成虫も何匹かはいましたが早朝から活発で撮影させてくれませんでした。

IMG_1400.jpg
カネジャクツノゼミ 幼虫

ご存知チャーク君であります^^ つい1週間ほど前はミドリだったんですがドス黒~くなってきました。ダークチャーク君ですね。これでは余計目立ってしまいます。

IMG_1405.jpg
カネジャクツノゼミ 親子


血縁関係は知りませんが成虫と幼虫が一緒にいるので親子って事で・・・実は成虫と幼虫が一緒にいるところを始めてみました。生息密度の高いこの場所ならではなんでしょうね・・・

庭の植木に水をやってたら新たな発見がありました。

IMG_1411.jpg
カネジャクツノゼミ@アンチャン

水やお米などに濃い青い色をつける際に使われるアンチャンというマメ科の蔓草にカネジャクツノゼミがいました。アシナガキアリが一緒にいて「ちょうだいよ~」をしていたので、吸汁→排泄していたのではないかと思います。気をつけて観察していきます。

さらに・・・
IMG_1415.jpg
カネジャクツノゼミ@マメ科の植物


この植物はオウシツノゼミが好きな植物で、もちろんコツノゼミもよく見かけます。どちらかの小さな幼虫もいました。奥にぼけているのは前出のアシナガキアリですが、ここにはアブラムシの甘露を求めてやって来ています。

カネジャクツノゼミのホストと思われる三又の蔓草が正月の火事で焼けてしまったのが原因なのでしょうか。近い仲間のマメ科の植物なら「好きではないけど腹の足しに・・・」と摂取するのでしょうか・・・

なにはともあれ、我が家で初めてカネジャクツノゼミを確認。嬉しいです^^

| ツノゼミ | 11:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自宅の自作の池

水の循環システムが出来てみるみる池の様子が変わってきました。おそらく循環がどうのこうのではなく植えた植物がしっかり根を張ったのでしょうね。爆発しそうな予感です。
DSCF4987.jpg
最上流から

最下流にポンプを設けホースで中央の鉢の中に水を流しています。その溢れた水の小さな音におかんと二人で耳を澄ませるのが毎朝の楽しみとなってます。石を積んでこの列は3つのエリアに分けています。エリアによって少しずつ違う植物を植えていこうかと・・・しかし
DSCF4988.jpg
下流へと進行中!!

正月に嫁さんの実家近くの田んぼの脇で採集してきたデンジソウ。その勢力は上流の池の一番手前に植えたものがそのエリアじゅうに勢力を伸ばしとうとう第2の池へと進行しようとしています。ま、小さくてカワイイしある程度の間隔を持って生えるので特に問題はありませんが・・・

DSCF4989.jpg
設計通り^^

池はコンクリートブロックを積んだだけのものなのでその構造がむき出しになっていたのですが、それを増えたウォーターマッシュルームで隠してしまおうという計画で鉢の中から切り取った茎を何ヶ所かに挿していたのですが、思惑通りしっかり茂ってくれています。今では池の中まで茎を伸ばし始めていますが・・・これもデンジソウと同じくある程度の間隔で葉をつけるので問題ないでしょう。
ここには写っていませんが第4の池にはこれまた嫁さんの実家の裏にある運河から採集してきたホテイアオイが凄いスピードで水面を覆い尽くしました。ただ今のところ隣のエリアまで進行するような気配はありません。

しかし水草、水生植物というのは強いですね。干からびた鉢の中ですでに根だけになっていた睡蓮をダメ元で粘土に埋めて水を張ってやると少し時間は掛かりましたが芽が出てどんどん成長しています。元気が無いのでと園芸屋さんでおまけに貰ったポピーや小さな睡蓮も元気に育ってます。

現在おたまじゃくしを観察中。貯水池でを捕って池に入れるのは今月末になりそうです^^

| 自宅の池 | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT