タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ライトトラップ明けの朝

あさ~

路上駐車の車の中で満足に寝る事も出来ず、夜明けを待たずして樹液採集のポイントへ向います。

あ、昨夜のHIDハンディライトトラップのダイジェスト動画を貼っておきます。よろしかったらどうぞ^^(色々と喋ってますので音量に注意して下さいね)



走りなれたはず?の道をまずはギラファの木へと向います。果樹園へのアクセスの為の道なので、毎年少しずつ補修されているのですが今年は路肩を少し広げ盛土をしてあります。車一台が通りのが精一杯だった道には綺麗な轍が出来ており四駆に入れなくても以前はぜんぜん問題なかったのですが、暗さと広さに惑わされたのでしょうか。何も無いただ真っ直ぐの道でタイヤが滑り出しそれでも修正可能と余裕でハンドル、アクセル操作をしていたらとうとう路肩に外れてしまい前進不能になってしまいました。仕方なくすこし後退し、中央付近に来たところで前進しますが、また同じところで止まってしまいます。なんでかなぁ~? 再度今度はさらに後退して思い切って左に寄せ気味に前進します。するとあっさりと前進する事が出来ました。

あぁ~よかった。

夜が明け帰路で確認すると、車がそれた側に道を拡幅していたんですね。枯れ草の上に土を盛っているのが、自分がスタックした場所を見てわかりました。トラップ“うしやんホイホイ”ですね。

・・・

・・・

え?ギラファの木は?

・・・

朝早すぎてまだ誰も来られてませんでした(泣)


気を取り直してタコ採れの木(タクゥ・ヤック)に向います。このアクセスも盛土がされていましたが、さすが国境警備の軍の詰め所があるからか、こちらは轍に水が溜まっている以外は安心して走れました。途中でそのメイン道路から脇道にそれると逆に見慣れた悪路がそのまま残っていたのでなんだか逆にホッとしました。

と、前置きの長いところでやっとポイントに到着。まずは、チェリーの木を確認します。いつもの樹皮めくれ痕を覗くとここでは久々の確認ですが定点付近でしっかりと待っていてくれました。

IMG2828.jpg
チェリフェルネブトクワガタ ♂
 Aegus chelifer chelifer (MacLeay, 1819)


そしてタコ採れの木

IMG2829.jpg
ゾウムシの仲間


何頭かこのようにしてタコ採れの木に潜んでおりました。ゾウムシは樹液を吸うんでしたっけ?

林道のタイヤの通った痕に1cm強の円筒が立っていました。
IMG2830.jpg
防潮堤@ありの巣


以前から目をつけていた昨年末に開いた洞を確認する為久々に万能脚立君の登場です。
IMG2835.jpg
M字開脚・・・


変な想像しないで下さいねぇ~^^;


IMG2833.jpg
お尻見えた・・・


IMG2842.jpg
ヒラタクワガタ ♂ 50mm位
Dorcus titanus westermanni


いてくれてよかった・・・車内仮眠の成果が出ました^^

さらに、着生植物の隙間を丹念に覗いていくと・・・

IMG2839.jpg
目が合った・・・


古場監督ですかぁ~??

隙間が小さいので手ごわいですが、上部にもこの個体に届く隙間があり、下や奥には逃げ道が無い事を確認出来たのでじっくりと掻き出し棒で勝負しました。
IMG2841.jpg
ヒラタクワガタ ♂ 61mm
Dorcus titanus westermanni


太くてしっかりした個体でした。メスの個体は確認出来ませんでした。


IMG2844.jpg
そばでそっと見守っていてくれたこの子


じつは、自宅近くでおとなしそうなメス犬に噛まれてから、おとなしく近付いてくる犬が妙に怖かったりします。ゴム園の人が飼っている犬で本当におとなしくて可愛い子でした^^

そのゴム園も・・・
IMG2845.jpg
ゴムの樹液採集も雨が降っては・・・


雨水が樹液に混ざると商品にならないそうです。

赤い実がたくさんなっている木を見つけたので撮影

IMG2849.jpg
幹から鈴生り


イチジクの仲間でしょうか?実は梅干の種のような形でした。

近くにあった、モロモロになった倒木を蹴飛ばしてみると、表皮の剥がれた部分に食痕発見!!少しずつ捲っていくとスジの入ったエリトラが見えました。

IMG2850.jpg
すじぃ~のとぉ~った♪・・・


これっくらいのっ!おべんとばっこに♪・・・もうええっちゅうねん^^;


IMG2851.jpg
ムゥ~シッ♪


クロツヤムシでした(汗)と言う事は、この坑道の中に幼虫達も棲んでいるのでしょうね。

この後、タコ採れの木のピンポイントから噴出していた樹液を吸っていたチェリフェルネブト♂を追加し、発酵臭のする竹の切り株で、エンマムシやハネカクシを採集し、このポイントをあとにしました。

そして再度ギラファの木へ・・・

甲虫の姿は目に付きませんが、タテハチョウとスズメバチが各所で舞っています。所々で枝にとまったままじっとしているスズメバチも目に付きます。樹皮を齧って樹液を吸っているとしたならば、後々そこに甲虫がやってくるはずですね・・・次回の探索まで樹液が出ていて、クワガタが確認出来る事を期待しながら、スズメバチを少し観察してみました。




と言うことで、今回は樹液でギラファノコギリクワガタを確認する事が出来ませんでしたが、8月上旬に日本からちびっ子ゲストをお迎えして再チャレンジしますのでこうご期待です。

この後、川で車に飛び散ったをジャブジャブと洗い流してすっきりとした後、帰路に付きました。


スポンサーサイト

| 採集記 | 04:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beetlethailand.blog19.fc2.com/tb.php/270-4fda10ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT