タイで昆虫採集

タイの昆虫はじめ動物、植物、色んな物を気軽に書いて行きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自宅周辺のツノゼミ

朝の散歩がてら散歩道にいるツノゼミの観察、撮影をしてきました。

IMG_1367.jpg
ミドリズキンツノゼミ

正面から見るとま、緑っちゃ緑ですが・・・

IMG_1366.jpg
ミドリズキンツノゼミ

背側から見ると鮮やかな黄緑です。縁(ミドリぢゃなくフチ:僕が見間違えたので皆様ご注意^^;)は葉っぱが枯れたり腐ったり齧られたりして変色したものに似ています。後ろに伸びる角の根元に黄色っぽいものが見えるのが小楯板。これが角に隠れず見えるのがズキンツノゼミの仲間の特徴の一つ・・・

だったはず^^;

IMG_1374.jpg
チビズキンツノゼミ 幼虫

おそらく終齢幼虫です。このサイズが焼け跡のすぐそばの木にウヨウヨいたので、もうすぐ盛期の予感。成虫も何匹かはいましたが早朝から活発で撮影させてくれませんでした。

IMG_1400.jpg
カネジャクツノゼミ 幼虫

ご存知チャーク君であります^^ つい1週間ほど前はミドリだったんですがドス黒~くなってきました。ダークチャーク君ですね。これでは余計目立ってしまいます。

IMG_1405.jpg
カネジャクツノゼミ 親子


血縁関係は知りませんが成虫と幼虫が一緒にいるので親子って事で・・・実は成虫と幼虫が一緒にいるところを始めてみました。生息密度の高いこの場所ならではなんでしょうね・・・

庭の植木に水をやってたら新たな発見がありました。

IMG_1411.jpg
カネジャクツノゼミ@アンチャン

水やお米などに濃い青い色をつける際に使われるアンチャンというマメ科の蔓草にカネジャクツノゼミがいました。アシナガキアリが一緒にいて「ちょうだいよ~」をしていたので、吸汁→排泄していたのではないかと思います。気をつけて観察していきます。

さらに・・・
IMG_1415.jpg
カネジャクツノゼミ@マメ科の植物


この植物はオウシツノゼミが好きな植物で、もちろんコツノゼミもよく見かけます。どちらかの小さな幼虫もいました。奥にぼけているのは前出のアシナガキアリですが、ここにはアブラムシの甘露を求めてやって来ています。

カネジャクツノゼミのホストと思われる三又の蔓草が正月の火事で焼けてしまったのが原因なのでしょうか。近い仲間のマメ科の植物なら「好きではないけど腹の足しに・・・」と摂取するのでしょうか・・・

なにはともあれ、我が家で初めてカネジャクツノゼミを確認。嬉しいです^^
スポンサーサイト

| ツノゼミ | 11:37 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちわ〜。小楯板の露出はズキンツノゼミ属だけの特徴ではなく、ズキンツノゼミ/Sipylus属 をはじめ旧世界〜アジア、アフリカ、オセアニアのツノゼミ全体が含まれる Centrotinae亜科 の特徴です。

| ちく | 2015/02/11 14:45 | URL |

知久さま・・・

こんにちわ~
そうでしたか。どこかで中途半端に聞いちゃったようです。
しっかり勉強しなきゃ・・・ありがとうございます。

| うしやん | 2015/02/12 18:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://beetlethailand.blog19.fc2.com/tb.php/470-53d6bbe5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT